世界食料デーキャンペーン、結果報告⇒10,378人の子どもに1年間給食を届けることができました!

届けよう!未来を育む給食~1万人に1年間、学ぶ喜びを~

国連WFPは2015年10月1日から12月31日まで展開した「世界食料デーキャンペーン2015|届けよう!未来を育む給食 ~1万人に1年間、学ぶ喜びを~」を通じて、途上国の子ども10,378人の給食1年分のご寄付を集めることができました。
 

©WFP Rein Skullerud

本キャンペーンは、個人、企業、学校、団体の皆様とともに国連WFPの学校給食支援を集中的に推進することで、1万人の子どもたちに1年間、十分な栄養と、継続的な教育の機会を提供することを目指したもので、皆様のご協力のおかげで目標を超える数の子どもたちに給食を届けられることになりました。
※5,000円で子ども1人に栄養たっぷりの学校給食を1年間届けることができます。

また、キャンペーン開始を記念して販売を始めた、「レッドカップ」(税込500円)も、12月31日までに3,944個と、多くの皆様に購入いただき、キャンペーンの後押しとなりました。
※レッドカップの売り上げの一部は国連WFPの学校給食プログラムに寄付され、1個のご購入につき、子ども1人に約8日分の給食を届けることができます。 

≪キャンペーン期間中に行われた企業・団体・学校の取り組み≫
1. 企業の取り組み

キャンペーンに合わせ、12月末までに、計18社が社内イベントを開催。レッドカップのチャリティー販売や、社内での募金、PR活動、講演会の開催のほか、社内食堂での国連WFPが現地で配布する学校給食の試食会や、寄付つきメニューの期間限定販売などを実施しました。
■ご協力企業(五十音順)
(株)朝日ネット、(株)グラム/Q-pot.、ケンタッキーフライドチキン、(株)湖池屋、(株)商船三井、(株)セールスフォース・ドットコム、ディー・エス・エム ジャパン(株) 、(株)ディノス・セシール、(株)電通、(株)中村屋、日清オイリオグループ(株)、日清食品ホールディングス(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、日本マイクロソフト(株)、(株)日本アクセス、パナソニックエコソリューションズ社・パナソニックエコソリューションズ労働組合(労使共催)、富士フイルム(株)、理研ビタミン(株)

2. 団体の取り組み
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会のトップリーグでは、学校給食支援の重要性を訴える啓発映像の上映とPR告知物の配布を一部の試合会場にて行いました。 

3. 学校の取り組み
クラーク記念国際高等学校、武庫川女子大学の生徒達が、文化祭等で募金活動やレッドカップの販売、国連WFP及び学校給食プログラムのプロモーション等を実施しました。


この度のキャンペーンでは10,378人の子どもたちに1年間給食を届けられる運びとなりましたが、世界では、6,600万人の小学生が空腹の状態で学校に通っています。さらに5,800万人は、家庭の労働の担い手になるなどして、学校に通うことすらできません。そのような中、国連WFPの「学校給食プログラム」は、子どもたちの健全な発育を助けると同時に、就学の機会を提供するなど、子どもたちの未来を支えています。
国連WFPは今後も、一人でも多くの子どもたちに給食を届けられるよう、皆様のご協力も得ながら様々な取り組みを行って参ります。


【国連WFPとは】
国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。www.wfp.org/jp

【国連WFPの学校給食プログラム】
貧しい家庭にとって、学校給食は子どもを学校に送り続ける強い動機になります。国連WFPは、子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げる為、学校給食プログラムを通じて毎年およそ2,000万人の子どもたちに給食を届けています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 国連WFP
  4. >
  5. 世界食料デーキャンペーン、結果報告⇒10,378人の子どもに1年間給食を届けることができました!