「海の男」、石原慎太郎のまなざしをとおして描かれる、限りなく深い海の魅力。書籍『私の海の地図』発売

月刊誌『家庭画報』を出版する世界文化社(本社:東京都千代田区)は、石原慎太郎氏のエッセイ集『私の海の地図』を発売しました。

石原慎太郎著『私の海の地図』(世界文化社刊)

 


計り知れぬ魅力に富んだこの国の海というものを、いったい何人の日本人が知っているのだろうかと思えば、
なぜか口惜しい気がしてならない(石原慎太郎)


「海なしに私の人生はありえなかった」。
著者は、中学生の頃からのヨットマンである。風や波の味わい、海の上から眺める島や岩、岬のまったく違う印象を知り尽くす著者の体の中に納まわれた海を臨場感あふれるカラー写真124ページを介してつづった、石原氏の海の記録の集大成!神子元島(みこもとじま)、初島、式根島、三本岳、爪木崎、南島、吐噶喇(とから)列島、久米島、与那国島、龍飛岬、湘南…。
「日本の海は変化に富んで、複雑怪奇、すなわち恐ろしく、楽しく美しい。」
と断言する著者が贈る「海の啓蒙書」。遭難寸前のオーシャンレースでの体験、著者のクルーザーであるコンテッサ歴代の勇姿、石原文学を育んだ海を一望できる書斎、世界の海での鮮やかなエピソードなど満載。あらためて言うまでもなく、我々日本人を見守り、自然の厳しさ、恵みを教えてくれる海への畏敬の念をこめた一冊である。

日本最西端の孤島、沖縄県与那国島。島の東端の岬、東崎(あがりざき)。/撮影・小林廉宜

荒波の津軽海峡から眺める龍飛岬(2014年3月)/撮影・小林廉宜

【著者:石原慎太郎】1932年9月30日神戸市生まれ。一橋大学卒業。1956年、一橋大学在学中に執筆した『太陽の季節』で芥川賞を受賞。『完全な遊戯』『星と舵』『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』『わが人生の時の時』『風についての記憶』『弟』『やや暴力的に』『歴史の十字路に立って』など著書多数。1968年、国会議員に当選し、環境庁長官、運輸大臣などを歴任。1995年、勤続25年を機に国会議員を辞職。1999年から2012年まで東京都知事を4期にわたって務める。同年、衆議院議員として国政に復帰、2014年12月政界引退を表明。2015年、旭日大綬章受章。


【目次】湘南の海/限りなく恐ろしく美しい難所 神子元島/初島の魅力/愛してやまない式根島/絶海に聳える孤岩の群れ 三本岳/越すに越されぬ爪木崎/秘宝の南島/波切大王 なけりゃいい 大王崎/秘境列島の吐噶喇/白砂の浜を巡る海 久米島/未知に満ちた西表島/与那国島の海底神殿/吹きすさぶ龍飛岬/書斎から眺める逗子湾/恐ろしい北マリアナ/憧れの大環礁 ヘレン/夢の群島 カロリン諸島/限りない変化の海 グレートバリアリーフ

 ▼ 出版物概要
1.書籍名:『私の海の地図』
2.発売日:2015年10月9日
3.定価:3,000円+税
4.判型:四六判 上製 320頁
▼ 世界文化社HP→http://www.sekaibunka.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 世界文化社
  4. >
  5. 「海の男」、石原慎太郎のまなざしをとおして描かれる、限りなく深い海の魅力。書籍『私の海の地図』発売