ハリウッドを席巻!世界を魅了するアジア系女優たち

アジア系女優、ミンナ・ウェンやクロエ・ベネットが今後の展開の鍵を握るマーベル流女子スパイドラマ 「エージェント・オブ・シールド」毎週月曜日~金曜日8:00PM~好評放送中!

全国無料のテレビ局・Dlifeで好評放送中の、マーベル流女子スパイドラマ「エージェント・オブ・シールド」が、最終話に向けて新たな展開に突入します。ヒドラによって壊滅状態となったシールドが、コールソン長官からのメッセージを受け取り、その指示どおりに向かった先には、これまで誰もその存在を知ることのなかった秘密基地があったのです!また、ドラマの佳境向かいアジア系女優が大活躍!今やハリウッドで活躍するベテラン女優ミンナ・ウェイ(メイ役)や新人のクロエ・ベネット(スカイ役)が、その美しさと頭脳、そしてアクションを駆使して壊滅したシールドを救う重要な役割を担っていくのです!

 

 2月29日(月)に開催された第88回アカデミー賞。レオナルド・ディカプリオの初受賞が大きな感動を呼んだ一方で、ノミネートに白人ばかりであったことも大きな話題となった。そんなハリウッドでは、現在、ドラマや映画で活躍するアジア系女優の勢いが止まらない。

 

 

 ここ数年のTVドラマの主演級のアジア系女優を挙げてみるだけでも、ルーシー・リュー(「エレメンタリ― ホームズ&ワトソン in NY」)、サンドラ・オー(「グレイズ・アナトミー」)、マギー・Q(「ニキータ」)、ミンナ・ウェン(「エージェント・オブ・シールド」)等、TVドラマに欠かせないベテラン組の名前が並ぶ。

 

 彼女たちの起用の理由には、アメリカ社会が目指す雇用のダイバーシティ(多様性)があって、これまで白人が占有していた職場にも積極的に他の人種を採用しよういう流れが大きく影響している。少しだけ開いたTVのキャスティングの扉にうまく滑り込んだのが、今や伝説的医療ドラマとなった「ER 緊急救命室」にレギュラー入りしたミンナだったし、ルーシーも、「アリー my Love」のゲスト出演をチャンスにレギュラーをつかんだ。

 

 20年以上も第一線で活躍する彼女たちにハリウッドのダイバーシティーを持ち出すのは失礼に当たるが、この間にアジア系女性のイメージもずいぶん向上したと思う。今のアジア系女性のイメージは、知性的で仕事はテキパキ、エキゾチックな外見はちょっぴりミステリアスに美しく…。アメリカの白人男性は人生に一度、アジアン・フィーバー(アジア系女性にハマる)に侵されるというウワサもあるとか無いとか。つまり、それくらいイケてるオンナ役にキャスティングされても、ちっとも不自然ではなくなったのだ。

 そんな風潮を受け、今、ハリウッドでは両親のどちらかがアジア系という若い世代の女優の活躍が目覚ましい。クロエ・ベネット(「エージェント・オブ・シールド」)、クリスティン・クルーク(「Beauty and the Beast」)、ヴァネッサ・ハジェンズ(「Grease Live!」)、シェイ・ミッチェル(「プリティ・リトル・ライアーズ」)らがその代表格と言える。もはや主役じゃなくても主役を喰うくらい人気と存在感のある顔ぶれだ。アジア系の血を引いたいわゆるハーフ世代が主で、エキゾチックなルックスとアメリカナイズされたセクシーさを備えているのが強み。テレビの中の彼女たちをきっとアメリカ中、いや世界中の男性が釘付けになっているに違いない。

 

 人種の垣根を超えて活躍する「エージェント・オブ・シールド」共演者のクロエを見て、ミンナは(いい時代になったのね)とつぶやくかもしれない。しかし、うらやむとしたらまだまだ早い。ミンナは現在、52歳。電光石火のアクションシーンも軽々こなすスーパー・アラフィフだ。40歳を過ぎたら役がない!と嘆くハリウッド女優こそ、ミンナのアジア系特有のゆっくりとした歳の取り方をうらやむはず。強さと賢さと美しさとー。ベテラン世代と若い世代、それぞれのアジア系女優たちの魅力が輝く「エージェント・オブ・シールド」。日本のお茶の間では、きっと親しみをもって楽しめることだろう。

 「エージェント・オブ・シールド」は毎週月曜日から金曜日8:00PM、「プリティ・リトル・ライアーズ」シーズン4は3月7日(月)より毎週月曜日から木曜日12:00PM、Dlife(ディーライフ/BS258)にて放送。


©Dlife ©2013 ABC Studios & Marvel ©Warner Bros. Entertainment Inc.

  

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  4. >
  5. ハリウッドを席巻!世界を魅了するアジア系女優たち