ソリッドワークス・ジャパン、ユーザー向け年次イベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」を11月に東京、大阪で開催

ソリッドワークス・ジャパン株式会社(東京都品川区)は、3D メインストリーム設計ソリューションであるSOLIDWORKSのユーザー向け年次イベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015(SWWJ2015)」を開催します。11月10日(火)はANAインターコンチネンタル東京で、11月13日(金)は大阪のハービスホールで開催し、いずれも参加は無料(事前登録制)です。お申し込みは当社イベントページをご参照ください。

 

本イベントでは「エクスペリエンスの時代における設計」をテーマに、最新のSOLIDWORKS ソリューションやユーザー様事例をご紹介します。主な見どころは下記の通りです。

・主催者講演
2015年1月に新たにSOLIDWORKS ブランドCEOに就任したジャン・パオロ・バッシと、ソリッドワークス・ジャパン株式会社代表取締役社長 鍛治屋清二が登壇し、SOLIDWORKSのビジョンを語ります。

・基調講演
株式会社由紀精密代表取締役社長の大坪正人氏が登壇されます。倒産の危機から復活し、人工衛星の設計や世界最高級腕時計の製造などを手がける先進的な企業になるまでの、同社の数々のチャレンジを紹介します。由紀精密様はSOLIDWORKSユーザーでもあります。

・ユーザー様事例セッション
両会場:          ミスミ様、遠藤照明様、牧野フライス製作所様、資生堂様(登壇順)
東京のみ:       ココロ様
大阪のみ:       熊平製作所様

・学生事例セッション(今回初、学生の活用事例を学生自身がプレゼンテーション)
両会場:     「3次元図面を活用したものづくり」関東学院大学 金田研究室様
東京のみ:  「宇宙エレベータチャレンジに挑んだ軌跡と成果」神奈川大学 江上研究室様
大阪のみ:  「学生フォーミュラ優勝までの足跡と常勝し続けるための条件」
                 名古屋大学 フォーミュラチームFEM

■SOLIDWORKSソリューションのご紹介
SOLIDWORKS シリーズの最新バージョン「SOLIDWORKS 2016」や、3Dエクスペリエンス・プラットフォームに対応した概念設計ツールの「Conceptual Designer」、日本初公開となる工業デザイン向け概念設計ツール「Industrial Designer」のご紹介、各種展示等ご用意しております。

その他、数多くのテクニカルセッションや事例紹介、ランチョンセッションを用意し、本イベントを通じて、ご来場のお客様の課題を解決するための最新情報を数多く提供します。

「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」の概要は下記の通りです。

                   ~記~

           【SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015】

【開催都市:東京】
■日時
2015年11月10日(火)
9:30-19:30 (受付開始:9:00~)

■会場
ANAインターコンチネンタル東京
〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
TEL:03-3505-1111

■交通
・銀座線/南北線 溜池山王駅 徒歩1分(13番)
・日比谷線 神谷町駅 徒歩10分(4番B)

【開催都市:大阪】
■日時
2015年11月13日(金)
9:30-19:30 (受付開始:9:00~)

■会場
ハービスホール
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25
ハービスOSAKA B2F
TEL: 06-6343-7800

■交通
・阪神 梅田駅(西改札) 徒歩約6分
・JR 大阪駅(桜橋口) 徒歩約7分
・地下鉄四つ橋線 西梅田駅(北改札)徒歩約6分

■対象
SOLIDWORKS製品のユーザー様および導入検討中のお客様

■参加費
無料

■詳細URL
https://swj-event.com/swwj2015/

■主催
ソリッドワークス・ジャパン株式会社

・お客様からのセミナーへのお問い合わせ先:
SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015 運営事務局
E-mail: swwj@swj-event.com

・主催社問い合わせ先:
ソリッドワークス・ジャパン株式会社    マーケティング部 03-4321-3604

(以上)

ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systèmes SolidWorks社の3DCADソフトウェア 『SOLIDWORKS』製品群等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されています。単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして、設計検証、データ管理、3Dデータ活用のためのマルチプロダクト戦略で市場を拡大しつづけています。設立1998 年 12 月 17 日。ソリッドワークスは現在まで、非常に堅実な成長を続けており、国内では教育版を含み累計178,500ライセンス/17,000社以上に出荷済 (2015年6月)。国内教育機関では770校/111,700ライセンス以上ご利用いただいております。詳細はwww.solidworks.co.jp(日本語)をご覧ください。

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約19万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBES、3DSWYMおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ダッソー・システムズ株式会社
  4. >
  5. ソリッドワークス・ジャパン、ユーザー向け年次イベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」を11月に東京、大阪で開催