アミューズミュージアムが監修した展覧会「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」1/23(土)~4/10(日) 神戸ファッション美術館にて開催

 

◆アミューズミュージアムと神戸ファッション美術館
アミューズグループの美術館、アミューズミュージアムが企画協力・監修を行う展覧会「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」が1月23日(土)~4月10日(日)に神戸ファッション美術館で開催されます。神戸ファッション美術館は1997年に開館した日本初の公立ファッション美術館で、世界各地から服飾学、民俗学の研究者やファッション関係者が来館しています。またアミューズミュージアムは2009年の開館以来、継ぎはぎのボロ布(江戸時代後期~昭和初期の日本の農民衣)のアート性に着目した展示を行っています。

◆日本のボロ野良着が、世界の「BORO」に
2013年ルイ・ヴィトン、2014年アルチュザラ、2015年コム デ ギャルソンが相次いで「日本のボロ」をテーマにしたコレクションを発表しました。日本のボロは「BORO」として世界のファッション界、アート界に通用する言葉になってきています。また多くの日本の若手デザイナーもボロを独自の解釈で取り入れた作品を発表しています。このような流れを受けて神戸ファッション美術館からアミューズミュージアムに展示品の貸出と展覧会の監修依頼があり、今回の特別展が実現しました。

◆民俗資料と最新ファッションを並列展示
本展ではアミューズミュージアムが管理運用する資料約2万点(民俗学者・田中忠三郎が収集)の中から、国の重要有形民俗文化財である青森の農民衣など約100点を紹介するとともに、ボロの美を現代のファッションに取り入れたkeisuke kanda(神田恵介)、matohu(堀畑裕之、関口真希子)、writtenafterwards(山縣良和)、MODECO(水野浩之)の4組の作品を展示します。継ぎはぎの野良着に思いがけず表れた、資源に乏しい日本ならではの智慧とデザイン。「もったいない」の精神を未来へと紡いでいく機会となれば幸いです。


今後もアミューズミュージアムは東京・浅草での美術館事業はもちろん、様々な文化施設、教育機関と連携した展覧会や芸術祭のプロデュースを通じて、皆様に喜んで頂けるエデュテインメント(エデュケイション&エンタテインメント)コンテンツをお届けして参ります。

 

【展覧会概要】
タイトル:特別展「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」
会場:神戸ファッション美術館(〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 TEL 078-858-0050)
会期:2016年1月23日(土)~4月10日(日)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日休館)、4月4日(月)、ただし4月6日(水)は開館
入館料:一般:500円 小中高65歳以上:250円
※先着2,500組5,000名様に東京・浅草のアミューズミュージアム入館券をプレゼント
◆主催:神戸ファッション美術館 ◆企画協力:アミューズミュージアム
◆協力:青森県立郷土館、keisuke kanda、matohu、MODECO、株式会社RABサービス、writtenafterwards
◆後援:Kiss FM KOBE、繊研新聞社 ◆展示協力:大阪樟蔭女子大学

【関連イベント】
◆講演会「田中忠三郎とBORO(ぼろ)、そのデザイン」
日時:2月21日(日) 14:00-15:30(13:30開場) 会場:神戸ファッション美術館5F オルビスホール
講師:小崎哲哉(「REALKYOTO」「REALTOKYO」発行人兼編集長)
    辰巳清(アミューズミュージアム館長)   山縣良和(writtenafterwardsデザイナー)

◆ギャラリートーク
日時:1月23日(土) 14:00-15:00  会場:神戸ファッション美術館 展示室内
解説:辰巳 清(アミューズミュージアム館長)、水野浩行(MODECO代表)

◆ほか、ワークショップ等多数


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アミューズ
  4. >
  5. アミューズミュージアムが監修した展覧会「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」1/23(土)~4/10(日) 神戸ファッション美術館にて開催