「『京の宴』 ~京の酒、京の料理、京の器~」 イベント 平成27年2月27日(金)開催のご案内/ 場所:ホテル椿山荘東京

京都の蔵元18社が東京に一同に会し、京都の日本酒を和食の真髄・京料理とともに紹介!

京都府などで構成される「京の米で京の酒を」推進会議は、春の京都観光シーズンを前に、平成27年2月27日(金)に、ホテル椿山荘東京(東京都文京区関口2-10-8)にて、京都の食と酒の魅力を首都圏に向けて発信するイベント「『京の宴』 ~京の酒、京の料理、京の器~」を開催します。

平成25年1月、京都市が全国に先駆けて日本酒での乾杯を促す条例を施行すると、その動きは瞬く間に全国に波及し、消費低迷が続く日本酒の振興が話題となりました。国税庁によると、昭和48年度をピークに日本酒の国内製造量は右肩下がりとなっていましたが、ここ数年は下げ止まりの状況を維持し、平成25年度の全国の日本酒出荷量は前年比0.7%増と、日本酒の消費拡大が徐々に広がっています。
本イベントはこうした機運も高まる中、「京の酒」とともに、平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録された和食の真髄ともいえる「京料理」、またそれを支えてきた「京のブランド産品」をはじめとする「京都府産の食材」を広く首都圏の方々に紹介し、京都の魅力と食文化の認知拡大を目的としています。
第1部では首都圏の料理店等を対象に「京の酒」提案会を実施。京都限定の酒造原料米「祝」、「京の輝き」を使った京の蔵元15社によるイチ押しの京の酒を紹介します。第2部では一般の方300人に、『木乃婦』の 髙橋拓児氏など4人の有名料亭若主人による京料理も提供し、蔵元18社の京の酒と京の料理のマリアージュを存分に堪能いただきます。また、京都陶磁器青年会の8人の作家による「京の酒器(お猪口)」を使用、お土産として提供します。その他、京の酒の即売会ほか、料理人、また蔵元によるトークをお楽しみいただけます。
京の宴(第2部)は2月10日(火)まで、一般参加者のお申し込みが可能です。京都の蔵元18社が一同に会し、極上の京料理とともに味わっていただけるまたとないこの機会を、ぜひお楽しみください。

<概要>

料理イメージ


【日時】
平成27年2月27日(金)
[第1部]
14時00分~16時00分
[第2部]
18時00分~21時00分
【場所】
ホテル椿山荘東京(東京都文京区関口2-10-8) プラザ5階 オリオン
【内容】      
[第1部] 京の酒提案会
対象: 
首都圏の料理店等、飲食業関係者(事前申込制:締切2月23日(月))
内容: 
京の蔵元15社が京都限定の酒造原料米「祝」、「京の輝き」を使った京の酒のイチ押し商品を紹介(試飲あり)
[第2部] 京の宴
 対象:  一般300名(事前申込制:締切2月13日(金)※ただし定員になり次第、締切)
 料金:  28,000円(税込)
 内容: 
・京の蔵元18社が「京の酒」を紹介
・有名料亭若主人4名による「京料理」の説明・お食事
(えびいも、花菜等、季節の京野菜及び京都の肉や魚を使った御料理約10品)
・京の酒即売会

【参加料理人】


【参加蔵元】18社(第1部は15社 ※黄桜(株)、月桂冠(株)、東山酒造(有)は第2部のみ参加)

【イベント参加者の参加申込】
■参加申込方法と申込期限
それぞれ以下にてお申込みください。
【第1部】 京の酒提案会 http://www.pref.kyoto.jp/nosan/270227.html
※2月23日(月)まで
【第2部】 京の宴 http://kyo-furusato.jp/brand_shop/utage2015.html
※上記URLの応募フォームよりお申込みください。(FAX、郵送でも申込み可)
※2月13日(金)まで(ただし定員になり次第、締切らせていただきます)  

《本件に関する一般のお問い合わせ》
【第1部】 京の酒提案会
京都府農林水産部農産課
担当:中澤 TEL:075‐414‐4953
【第2部】京の宴
  (公社)京のふるさと産品協会
担当:西村 TEL:075-681-4284     

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 京都府
  4. >
  5. 「『京の宴』 ~京の酒、京の料理、京の器~」 イベント 平成27年2月27日(金)開催のご案内/ 場所:ホテル椿山荘東京