資生堂アートハウス「日本の伝統工芸 人間国宝による竹工芸と金工」展を開催

資生堂アートハウス(静岡県、掛川市)では、2014年4月8日(火)より 6月29日(日)まで、工芸と金工の逸品による展覧会を開催いたします。
出品作家は、「竹工芸」の人間国宝で本年が没後10年にあたる飯塚小玕齋(1919-2004)、金工は「彫 金」の人間国宝・内藤四郎(1907-1988)ほか、鋳金作家として幅広く活躍した西 大由(1923-2013)と染川鐵之助(1912-1982)です。
飯塚は竹工芸を家業とする家系に生まれ、正倉院などに見られる古典技法を自家薬籠中のものとしながら、そこに現代的な創意を加味した作品の数々で高い評価を受けました。本展では、作者が56歳から76歳までの、作家として最もあぶらの乗り切った時期に手がけた代表作を一堂にご覧いただけます。
金工の内藤は鏨(たがね)を用いて金属の表面に加飾を施す「彫 金」の技法を駆使し、素朴さと繊細さを兼ね備えた独自の作風で一家を成しました。西 大由は日本古来の鋳造技法に卓越した造形感覚を融和させた大胆で現代的な作品を発表し、染川は伝統的な鋳金技法を基に­­、器形と材質を調和させた簡明で清らかな作風を展開しました。

本展出品作の全ては資生堂が芸術文化支援のために主催した「現代工藝展」(1975-1995)で発表された作品であり、いにしえより日本人の生活に深くなじんでいる竹工芸と金工の現在を紹介し、その滋味に富んだ味わいと洗練された造形の素晴らしさを十分に堪能していただける内容です。


【日本の伝統工芸 人間国宝による竹工芸と金工】
会  期 : 2014年4月8日(火)~ 6月29日(日)
休 館 日: 月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
       ※5月5日(月・祝)、6日(火・振替)開館 ・ 7日(水)休館
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
会 場: 資生堂アートハウス 静岡県掛川市下俣751-1(〒436-0025)


▼資生堂アートハウス
http://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=tr123
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 資生堂アートハウス「日本の伝統工芸 人間国宝による竹工芸と金工」展を開催