自主企画レポート『スマホを活用したテレビの新しい楽しみ方を検証』~FIFAワールドカップ・ブラジル大会(日本戦)における‘テレビ×スマホ’による共感&共有視聴~

ワールドカップはテレビ観戦しながら試合の進行にあわせてスマホを活用!?

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インターネットやテレビなどの広告・情報接触と購買行動の関係性を捉えることができる当社のシングルソースパネル(i-SSP※1)をもとに、「2014年 FIFAワールドカップ」ブラジル大会の予選リーグ日本戦について、テレビ視聴とスマートフォンのWeb閲覧およびアプリ利用データを用いて分析を行いました。

[分析対象の試合と分析時間]
【第1戦】vsコートジボワール <6月15日(日)NHK総合 9:00-13:00>
【第2戦】vsギリシャ     <6月20日(金)日本テレビ 6:00-10:00>
【第3戦】vsコロンビア    <6月25日(水)テレビ朝日 4:00-8:00>

[分析データ]
ダブルスクリーンユーザー(i-SSPのTVとMobile調査両方に協力しているモニター)の各テレビ中継における個人接触率データ、および、ダブルスクリーンユーザーで各テレビ中継を一瞬でもリアルタイムで視聴した人のLINE利用率データ

------------------------------------------------------
分析結果のポイント
------------------------------------------------------
1.第1戦 コートジボワール戦
コートジボワール2連続ゴール後の11時31分にテレビ接触率は最高値をマーク

・キックオフ10分前からサポーターはテレビをつけ始めた模様。その後、わずか10分でテレビ接触率は倍増。
・キックオフや本田圭佑選手の先制ゴール、コートジボワールの反撃にあわせてLINEの利用も活発になった。試合終了後は敗戦のくやしさと次戦へのエールを共有か。(図1参照)

2.第2戦 ギリシャ戦
前半の7時31分にテレビ接触率は最高値をマーク、後半の接触率はダウン
・後半が通勤、通学の時間帯にあたった第2戦では、0-0の試合を応援しつつも後半に入るとテレビ接触率は一気にダウン。特に正社員・公務員の職業属性構成比が減少しており、応援しつつも泣く泣くテレビを離れた様子がうかがえる。
・0-0で迎えたハーフタイム前後でLINEの利用は活発化し、引き分けで終わった試合終了後、LINEの利用率はピークとなる。(図2-1、2-2参照)

3.第3戦 コロンビア戦
試合開始からテレビ接触率は右肩上がり、コロンビア連続ゴール直後6時39分にテレビ接触率は最高値をマーク
・朝5時のキックオフ後、夢を乗せて接触率は急激に上昇。終了10分前の6時39分、コロンビア連続ゴール後にテレビ接触率は最高値をマーク。
・前半終了間際の岡崎慎司選手の同点ゴールにあわせてLINEの利用率が跳ね上がり、惜しくも散った試合後には健闘をたたえ合うようにLINEの利用も活発になった。
・LINEの利用と連動してスマホ接触率も朝5時から急上昇。その後もテレビの接触率とあわせて上昇する。
・同サンプルの一週間前・同時間帯のスマホ接触率データと比較すると顕著な差があり、試合時間帯の接触率は普段よりも高水準で推移をしていた。テレビで試合を観るだけでなく、モバイル利用も高くなっていることがわかる。(図3-1、3-2参照)

◆分析の詳細
[図1]第1戦 vsコートジボワール 6月15日(日)9:00-13:00

 

※移動平均とは:
 該当時分とその前後各1分の合計3分の接触率の平均値。9:00の接触率であれば8:59、9:00、9:01の接触率の平均値。

[図2-1]第2戦 vsギリシャ 6月20日(金)6:00-10:00

 

※上記データは日本テレビの視聴データのみで、NHKBS1の視聴データは含みません。
※移動平均とは:
 該当時分とその前後各1分の合計3分の接触率の平均値。9:00の接触率であれば8:59、9:00、9:01の接触率の平均値。

[図2-2]第2戦 vsギリシャ 6月20日(金)6:00-10:00
     テレビ中継リアルタイム視聴者の職業属性構成比

 

※ダブルスクリーン(TV&Mobile)協力者で中継を一瞬でもリアルタイムで視聴した人ベース

[図3-1]第3戦 vsコロンビア6月25日(水)4:00-8:00

 

※移動平均とは:
 該当時分とその前後各1分の合計3分の接触率の平均値。9:00の接触率であれば8:59、9:00、9:01の接触率の平均値。

[図3-2]第3戦 vsコロンビア 6月25日(水)4:00-8:00
     同サンプルの一週間前・同時間帯のスマートフォン利用率比較

 

※移動平均とは:
 該当時分とその前後各1分の合計3分の接触率の平均値。9:00の接触率であれば8:59、9:00、9:01の接触率の平均値。

------------------------------------------------------
調査概要
------------------------------------------------------
調査方法  :i-SSP(インテージシングルソースパネル)を利用したテレビ接触およびWeb閲覧・アプリ利用Log記録方式
調査地域  :関東エリア1都6県(東京、神奈川、千葉、埼玉県、茨城、栃木、群馬)
調査対象者 :ダブルスクリーンユーザー(i-SSPのTVとMobile調査両方に協力しているモニター)
         【第1戦】vsコートジボワール / サンプル母数 TV 1,360 Mobile 237
         【第2戦】vsギリシャ     / サンプル母数 TV 1,360 Mobile 375
         【第3戦】vsコロンビア    / サンプル母数 TV 1,360 Mobile 362
                           (月次送信継続/ウエイトバック集計)
調査実施機関 :株式会社インテージ

*1 i-SSP(インテージシングルソースパネル)
当社の主力サービスであるSCI(全国個人消費者パネル調査)を基盤に、同一対象者から新たにパソコン・モバイルからのウェブサイト閲覧やテレビ視聴情報に関すデータを収集するものです。いずれも自動的にデータを収集する仕組みを採用しており、正確かつ詳細なデータを、常時、収集しています。当データにより、パソコン・モバイル・テレビそれぞれの利用傾向や接触率はもちろん、同一対象者から収集している購買データとあわせて分析することで、消費行動と情報接触の関係性や、広告の効果を明らかにすることが可能となります。また、調査対象者に別途アンケート調査を実施することにより、意識・価値観や耐久財・サービス財の購買状況を聴取し、あわせて分析することも可能です。

【株式会社インテージ】http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

【この件に関するお問い合わせ先】
■株式会社インテージ 広報担当

担当:小関(おぜき)/佐藤(さとう)
TEL:03-5294-6000 FAX: 03-5294-8318
「お問い合わせフォーム」 http://www.intage.co.jp/contact/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社インテージホールディングス
  4. >
  5. 自主企画レポート『スマホを活用したテレビの新しい楽しみ方を検証』~FIFAワールドカップ・ブラジル大会(日本戦)における‘テレビ×スマホ’による共感&共有視聴~