交通ICカードとカーシェアリングの連携拡大 「はやかけん」で福岡市内全ての「タイムズカープラス」が使える!

福岡市交通局と、タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、12月1日より、福岡市内全ての「タイムズカープラス」170か所・350台以上を交通ICカード「はやかけん」でご利用いただけるようにします。
 通常「タイムズカープラス」をご利用いただく際には、会員カードの携帯が必須となっておりますが、当サービスは「はやかけん」を会員カード同様に、車両のドアロックの解錠・施錠にご利用いただけるようにするものです。

 これまでは、「レール&カーシェア」サービスの適用駅である福岡市地下鉄姪浜駅・馬出九大病院前駅に配備している車両のみが上記サービス対象でしたが、12月1日より福岡市内に設置しているカーシェアリング車両すべてが対象となります。

 自治体全区域を対象とした当該サービスは全国初の試みです。

 このサービスのために「【はやかけん対応】カーシェア無人入会機」を福岡市地下鉄博多駅と天神駅に設置いたします。これは「はやかけん」を鍵として登録するだけでなく、免許証とクレジットカード、携帯電話があれば、その場で入会・カード発行が可能であることから、カーシェアリングのご利用がより容易になります。

 また、2015年12月1日には、福岡市地下鉄藤崎駅および箱崎九大前駅に「タイムズカープラス」のステーションをオープンいたします。これにより福岡市地下鉄空港線・箱崎線の全駅周辺で「タイムズカープラス」をご利用いただけます。今後は、同七隈線全駅への配備を進めるほか、既設駅周辺のステーション及び車両の増設も進めてまいります。

 福岡市交通局とタイムズ24は、市中心部における渋滞の緩和や二次交通の充実を目的として、最寄駅の駐車場利用料を優待し、地下鉄利用を促進する「はやかけんパーク&ライド」や、福岡市地下鉄姪浜駅・馬出九大病院前駅の当日利用履歴が残る「はやかけん」を駅近くの対象ステーションに配備されたカーシェアリング車両にかざすと、タイムズカープラスの利用料金が優待される「はやかけんレール&カーシェア」などのサービスを展開してまいりました。

 この度の取り組みにより、「はやかけん」1枚で地下鉄・バス・カーシェアリングのご利用が可能となることから、公共交通機関とカーシェアリングの併用がさらに進み、都市環境の充実に貢献できるものと考えております。

 両者は今後も、快適な移動手段の提供と環境負荷の低減に向け、交通利便性の高いサービスの創出に取り組んでまいります。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パーク24株式会社
  4. >
  5. 交通ICカードとカーシェアリングの連携拡大 「はやかけん」で福岡市内全ての「タイムズカープラス」が使える!