三井不動産リアルティが“シェアリング・エコノミー”事業に参入~エスキュービズム提供のIoTシステムを採用し、時間貸し駐車場運営を効率的に使いやすく~

 三井不動産リアルティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山代 裕彦、以下「三井不動産リアルティ」)は、全国にて展開する駐車場事業「三井のリパーク」において、遊休地の貸し出しを仲介する「シェアリングサービス」に参入し、11月1日(火)より同サービス「toppi!(トッピ!)」を開始いたします。本サービス開始にあたっては株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長:薮崎 敬祐、以下「エスキュービズム」)が提供する駐車場用予約・決済システム「eCoPA」を採用しました。
 近年、民泊やカーシェアリングなど、シェアリングサービスが注目を集めており、三井不動産リアルティの100%出資子会社であるカーシェアリング・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒川伸吾)においてもカーシェアリング事業を展開しています。2015年に行われた総務省の調査によると、「車で外出した際に空いている月極駐車場や個人所有の駐車スペースに一時的に駐車できるサービス」の利用意向は56.5%と、「モノ(楽器・自転車など)」(31.2%)や「家事やペットの世話などの仕事」(26.5%)といったその他のシェアリングサービスと比べて高く※1、同サービスの需要は大きいと判断し参入することにいたしました。

今回サービスを開始する「toppi!」は、住宅や店舗などにおいて空いている駐車スペースの貸し出しを仲介するサービスです。駐車スペースのオーナーさまは、当社の審査を経て、お持ちの遊休地を費用をかけずに「toppi!」の駐車車室として登録することができます。

駐車スペースの利用者は、同ホームページ、アプリ※2から車室を予約の上、利用料金を事前にクレジットカード決済することで、1日単位で車室を利用できます。「三井のリパーク」では、全国10,000事業地以上で約20万台の駐車場を管理※3しているメリットを生かし、登録された車室に加えて、既存の「三井のリパーク」時間貸し・月極駐車場の一部車室を「toppi!」に転用することで、都心や観光地の近くなど立地の良い場所にも駐車スペースを設け、利用者の利便性向上を図ります。

今後、両社はIoTを活用した駐車場・駐輪場を通して、遊休資産の活用促進と利用者の利便性向上を図ってまいります。

※1 総務省『社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究』(2015年)よりそれぞれのサービスの「利用したい」および「利用を検討してもよい」と答えた人の割合
※2 iPhoneアプリは現在申請中で、Apple社の承認がおり次第、利用できるようになります。
※3 2016年9月30日時点
 

■サービス概要
サービス名称 :「toppi!(トッピ!)」
展開エリア : 首都圏1都3県で開始
※順次拡大予定
サービス開始日 : 11月1日
専用ページURL : https://www.repark-toppi.jp
サービス名称の由来 : 「この駐車場取っぴ!」と気軽に駐車場を予約できる様子をイメージしました。
※サービス開始までのプレビューページ:http://www.repark.jp/toppi_preview/index.html

■オーナーさまのメリット
(1)月極駐車場の利用者を募集している間などの短期間の稼動、二輪車サイズのスペースからの登録など、費用をかけずに住宅や店舗などの空いている駐車スペースを有効に活用することができます。

(2)これまでは土地所有者さまから「三井のリパーク」による有効活用のご相談をいただいても、土地の立地や面積、期間などの条件によって、ご契約が難しい場合がありました。「toppi!」では、舗装や機械設置などの初期費用が発生しないため、より多くの土地所有者さまがお持ちの土地の有効活用手段としてご利用いただけます。

(3)全国で10,000事業地以上の「三井のリパーク」駐車場を展開するノウハウを「toppi!」の運営にも活かし、万が一トラブルが起きた際にも、万全の体制で対応いたします。

 (4)駐車スペースの登録にあたっては、スタッフが必ず現地に赴き、写真撮影からホームページへの情報の登録まで行いますので、面倒な手間がかかりません。

■利用者さまのメリット
(1)時間貸し駐車場は事前に予約することができないため、当日現地に行くまで駐車スペースを確保することができませんでしたが、本サービスを利用することで、当日空きがある駐車場を探す手間が省け、スムーズに目的地に到着することができます。

(2)2015年に行われた総務省の調査によると、「車で外出した際に空いている月極駐車場や個人所有の駐車スペースに一時的に駐車できるサービス」を「利用したくない」と回答した人のうち、54.1%が「事故やトラブル時の対応に不安があるから」と答えています。※4「toppi!」では、スタッフが必ず現地に赴き、「三井のリパーク」の駐車場運営ノウハウをもとに駐車に適した場所か否かを確認するので、事故やトラブルの不安を低減し、安心してご利用いただけます。

(3)既存の「三井のリパーク」時間貸し・月極駐車場の一部の車室を「toppi!」に転用するため、都心や観光地など、従来のシェアリングサービスでは事業地が少なかった人気のエリアでも駐車スペースを確保することができます。

※4 総務省『社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究』(2015年)より 

■サービスフロー図



■eCoPA概要
スマートフォンを通じて駐車場の空き状況確認、予約から決済までできる法人向けIoTソリューション「eCoPA(エコパ=エコ・パーキング)」(エスキュービズム提供)。クラウド上で稼働し、簡単に駐車場システムを構築できます。フラップ板や精算機が不要で(オプションで車番認識カメラやセンサーを内蔵したポール※5)、大規模な投資を行うことなく駐車場の運営を行えます。
http://ecopa.in/
※5 「toppi!」には、車番認識カメラやセンサー内蔵ポールは導入していません。

■「toppi!」イメージ



【三井不動産リアルティ株式会社について】
商号:三井不動産リアルティ株式会社
主な事業内容:不動産仲介事業、駐車場事業
所在地:東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
設立:1969年7月
資本金:200億円
従業員数:3,829名
ホームページ:http://www.mf-realty.jp/

【株式会社エスキュービズムについて】
商号:株式会社エスキュービズム
主な事業内容:IoTインテグレーション事業、パッケージ事業(ECサイトやPOSシステム構築など)
所在地:東京都港区芝公園二丁目4番1号
設立:2006年5月
資本金:資本金 :97,375 千円
ホームページ:http://s-cubism.jp/




               
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エスキュービズム
  4. >
  5. 三井不動産リアルティが“シェアリング・エコノミー”事業に参入~エスキュービズム提供のIoTシステムを採用し、時間貸し駐車場運営を効率的に使いやすく~