ヒューマンリソシア 「チャレンジドオフィスお台場」開所一周年 成果発表会を開催

障がい者雇用の体制づくり・離職防止対策に成果

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢 http://resocia.jp)は、「チャレンジドオフィスお台場」の開所一周年を記念し、12月10日(木)に成果発表会を開催しました。発表会には、スタッフのご家族、支援機関、行政機関、民間企業から、約70名が参加しました。
「チャレンジドオフィスお台場」は、障がい者(以下、チャレンジド)の方が中心となって活躍いただく職場として、昨年12月11日(木)にスタートしました。新入社員として14人のチャレンジドスタッフを迎え、この1年、主にグループ会社のオフィスオペレーション(名刺印刷、各種書類のPDF化、データ入力、書類の封入封緘など)の受託で実績を積みました。
各々の個性を活かした業務分担、チーム制による業務遂行、サポートスタッフによるきめ細かいフォローの実施など、個々のモチベーション向上を促す職場づくりにも注力してきた結果、新たな人材も増え、現在では17人のチャレンジドスタッフが就労しています。
こうした取り組みにより、ヒューマンリソシアの障がい者雇用率は2.06%(2015年6月時点)となり、法定雇用率の2.0%を上回っています。また、2016年1月には、西日本(神戸市)に新たなチャレンジドオフィスの開設を予定しており、引き続き、障がい者の方々の雇用、職域拡大の実現、ダイバーシティの推進に、積極的に取り組みます。

■成果発表内容
12月10日(木)の成果発表会では、チャレンジドスタッフ全員が、各々で作成したプレゼンテーション用の資料を使い、担当業務、1年間で成長したこと、今後の夢、仲間・家族・支援機関への感謝の気持ちなどを自身の言葉で発表しました。また、自身の障がいの説明、適正診断の結果、障害における周囲に希望する配慮についても、自己紹介で触れました。

【発表会前の職場見学】            【スライドを使った発表】

 










■ヒューマンリソシア株式会社 管理統括本部 取締役  笹尾 裕子 より一言
当社ヒューマンリソシアは、雇用に関わる、或いは雇用を創出する事業を行っており、障がい者雇用にも積極的に取り組んでいます。チャレンジドオフィスお台場では、現在17人(身体3人、精神8人、知的6人)の方々に働いていただいていますが、5人1チーム制で適性に応じた仕事を行い、さらに1チームに1人配置しているサポートスタッフがきめ細かいフォローを行うことで、この1年間退職者をほとんど出すことなく運営することができました。
今後は、生産性向上や定着化のノウハウを活かして、チャレンジドオフィスをさらに発展させ、障がい者の方々の社会進出機会の創出に一層貢献してまいります。


■チャレンジドオフィスお台場 概要
所在地
 〒135-8073 東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル5階
人員構成
・チャレンジド(障がい者)スタッフ17人:
 適性や個性により、チーム制(1チーム5人)で業務を行います。
・サポートスタッフ(指導員)3人:
 チャレンジド(障がい者)スタッフのビジネスマナー・事務訓練、メンタル面のサポートを行います。
業務例
 名刺デザインや印刷、営業ツールとなる顧客データの作成、スタッフデータの入力やPDF化、
 パンフレットのデザイン作成および印刷、書類の封入封緘など


ヒューマンリソシア 会社概要 ----------------------
1988 年の創設以来、人材派遣、正社員紹介事業、アウトソーシング・国際人材コンサルティング・企業研修などの幅広い人材サービスを全国28拠点で展開しています。グループ内の教育事業をバックボーンにしていることが強み。また、多様な雇用形態とシニア・女性・グローバルなど多様な人材を組み合わせ、「労働力確保の最適化」を目指しています。 ※拠点数は平成27年3月末現在
●代表取締役 : 御旅屋 貢
●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル1F
●資本金 :1億円
●URL:  http://resocia.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヒューマン
  4. >
  5. ヒューマンリソシア 「チャレンジドオフィスお台場」開所一周年 成果発表会を開催