SCSKとTISが、低圧向け電力小売事業の料金計算・顧客管理業務システムをサミットエナジー向けに構築

~ 2016年4月からの電力自由化参入で必要なシステムを 「エネLink」を活用し、2社共同で構築 ~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大澤 善雄、以下 SCSK)と、ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、住友商事の100%子会社であるサミットエナジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大橋 乃介、以下 サミットエナジー)の低圧(一般家庭や小規模事業者)向け電力小売事業における料金計算・顧客管理業務のシステムを共同で構築しました。
 サミットエナジーは、これまで契約電力が50kW以上の高圧の需要家向けに電力供給事業を行い、業界トップクラスの販売量を誇っています。この高圧向け電力供給事業の実績・ノウハウを活かして、2016年4月から自由化される低圧向け電力小売事業にも参入する予定です。

<「エネLink」を活用した料金計算・顧客管理業務新システムのイメージ>
サミットエナジーの新システムは、CIS(Customer Information System)構築サービス「エネLink CIS+(エネリンク シーアイエスプラス)」をベースに、SCSKとTISが共同で構築しました。
 

 

 低圧向け電力小売事業への参入にあたってサミットエナジーは、代理店(取次)・販売パートナーを介した形(「B to B to Cモデル」)での電力供給ビジネスの展開を基本としており、2016年4月からの電力小売の全面自由化を好機とし、電力販売量の飛躍的拡大を目差して、顧客基盤を有する代理店(取次)・販売パートナーとの提携・協業を積極的に進めて行く予定です。
なお、サミットエナジーの協業先としては、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)などがあります。

 SCSKは、2013年からサミットエナジーの事業パートナーとして、同社の事業拡大に伴う情報システム基盤の整備・構築および制度変更への対応など、電力小売事業を支援してきました。今後、低圧向けの需要増を支えるため、本件において、SCSKはプロジェクト全体の支援およびシステム基盤として、拡張性に優れた「USiZE(ユーサイズ)」を活用したクラウド基盤を提供しています。

 TISは、2016年4月からスタートする自由化で競争環境が激化する電力小売事業者に向けて、「エネLink」を展開しています。今回のサミットエナジーの新システム構築においては、「エネLink CIS+」を活用しSCSKと共同で構築を支援しています。TISでは、今後も「エネLink」のさらなる拡販を行っていきます。

 今回の低圧向け電力小売事業の顧客・料金計算システム構築プロジェクトについて、サミットエナジー株式会社は次のように述べています。
「当社は2016年4月より自由化される一般家庭向け電力小売事業への参入を予定しています。本参入に対して、2015年1月より事業構想・システム化計画を策定し、5月からSCSKとTISを開発パートナーとしてシステム構築を進めています。当社のビジネスモデルは、一般家庭に対して直接小売りするのではなく、パートナーを介して提供する「B to B to Cモデル」のため、パートナー各社が販売しやすい、使いやすいシステム構築が事業の成功に向けて重要です。そこで、この点でのノウハウ・機能を持つ「エネLink CIS+」を採用しました」

■エネルギー業界向けソリューション「エネLink (エネリンク)」について
「エネLink」は、TISが電力・ガスなどのエネルギー業界向けに培ってきたシステム構築技術・ノウハウをもとに、料金計算・顧客管理から需給管理など電力業務で求められるあらゆるシステムをスピーディに提供するトータルソリューションです。料金計算・顧客管理業務のシステム構築を支援する「エネLink CIS+」、需給管理・同時同量管理業務のシステム構築を支援する「エネLink Balance+」、小売顧客向けおよび販売パートナー向けの高機能なポータルサイト構築を支援する「エネLink Portal+」などのメニューで構成されます。
「エネLink」シリーズのソリューション詳細は以下URLをご参照ください。
http://www.tis.jp/service_solution/energy/

サミットエナジー株式会社について
サミットエナジーは、国内における電力小売事業、風力事業を目的として、2004年に設立された住友商事株式会社の100%子会社です。国内2ヶ所の風力発電所(持分出力:47MW)による電力会社向け電力販売に加え、5ヶ所の火力発電所(うち建設中2ヶ所、持分出力:240MW)を核として、特別高圧/高圧の需要家様に向けた電力供給サービスを提供しています。サミットエナジーは、環境配慮型の新規自社電源開発を進めると共に、自社電源と外部調達とのベストミックスを図ることにより、電力小売全面自由化後には、既に電力供給サービスを提供している特別高圧および高圧のお客様に加えて、一般の御家庭向けにもパートナー企業を介して電気や環境価値をお届けしていきます。
http://www.summit-energy.co.jp/

SCSK株式会社について
SCSK株式会社は、システム開発から、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、ITハード・ソフト販売まで、ビジネスに必要なすべてのITサービスをフルラインナップでご提供します。また、住友商事をはじめとするお客様の世界各国におけるITシステム・ネットワークのサポート実績を活かし、グローバルITサービスカンパニーとして、さらなる飛躍を目指してまいります。
http://www.scsk.jp/

TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。
http://www.tis.co.jp/

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TISインテックグループ
  4. >
  5. SCSKとTISが、低圧向け電力小売事業の料金計算・顧客管理業務システムをサミットエナジー向けに構築