一度変えたらもう手放せない?SIMフリー端末に関する実態調査

「SIMフリー端末」の月額利用料は、5割が「3,000円未満」

~「SIMフリー端末でない」スマホユーザーの7割が「興味あり」~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、スマートフォンを利用している20歳~59歳の男女1,000名に、『SIMフリー端末に関する実態調査』を実施しました。
 集計データをまとめた全34ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(https://www.fast-ask.com/report/ )から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】                                                        
■SIMフリー端末を使っていないユーザーの7割が、「SIMフリー端末」に興味
「SIMフリー端末でない」スマホユーザーに興味の度合いを聞いたところ、「近い将来、SIMフリー端末にしようと決めている」(5.9%)、「時期は決めていないが次はSIMフリー端末にしようと決めている」(13.0%)、「SIMフリー端末には興味はあるが悩んでいる」(49.1%)でした。「悩んでいる」人も含めると、合計で68.0%の人が興味を持っていることがわかりました。

■「SIMフリー端末」の月額利用料は、約5割が「3,000円未満」
「SIMフリー端末」ユーザーの月額利用料で最も多いのは「3,000円未満」で46.8%でした。また、「SIMフリー端末」に「満足している」人は32.3%、「やや満足している」人は46.8%で、合計すると79.1%と約8割の人が満足していました。

■「格安SIM」と「SIMフリー端末」の違いを説明できるのは14.8%
  「SIMフリー端末」を認知しているスマホユーザーに、「格安SIM」との違いをどの程度理解しているかを聞いたところ、14.8%の人が「他の人に詳しく教えられるくらい」知っていると回答し、25.2%の人が「知っているが他の人に教えられるほどではない」と答えました。

■「SIMフリー端末ではない」ユーザーの約6割が、「7,000円以上」の月額利用料
「SIMフリー端末でない」スマホユーザーの月額利用料は、「9,000円未満」が最も多く(20.9%)、次いで「8,000円未満」(20.5%)でした。7,000円以上の月額使用料を支払っている人をすべて合計すると57.3%でした。やはり「SIMフリー端末」ユーザーに比べると、高額の月額使用料を負担していることがわかりました。

■「SIMフリー端末」に変えない理由は、「面倒くさそう」「どれくらい安くなるかわからない」
「SIMフリー端末でない」スマホユーザーが「SIMフリー端末」に変えない理由は、「手続きが面倒くさそう」(32.7%)、「どれくらい安くなるかわからない」(32.3%)、「調べるのが大変そう」(30.5%)でした。「SIMフリー端末」への変更手続きやメリットをわかりやすく提示できるかが、「SIMフリー端末」普及の鍵なのかもしれません。

【調査の実施概要】
調査期間 :2015年11月13日(金)~16日(月)
調査対象 :スマートフォンを利用している20歳~59歳の男女1,000名
質問項目 :
    ・現在利用しているスマートフォンのキャリアを教えてください。
    ・「SIMフリー端末」について教えてください。
    ・「SIMロック解除の義務化」について教えてください。
    ・「MVNO」について教えてください。
    ・「格安SIM」と「SIMフリー端末」の違いについて教えてください。
    ・現在のスマートフォンの月額利用料について教えてください。
    ・「SIMフリー端末」利用のきっかけについて教えてください。
    ・「SIMフリー端末」を利用しない理由について教えてください。
    ・現在のスマートフォンの月額利用料がいくらになれば「SIMフリー端末」にしますか?

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジャストシステム
  4. >
  5. 一度変えたらもう手放せない?SIMフリー端末に関する実態調査