位置情報に基づいたモバイル特化DMP×動画の新手法開発に向けジオターゲティングプロジェクト開始 株式会社アドインテと業務提携

総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江肇司、東証一部:6058、以下ベクトル)は、拡大するO2Oおよびジオターゲティング市場のサービス開発を目的として、独自のWiFi/Beaconのセンサ端末製造とスマートフォンに特化したDMPを構築している株式会社アドインテ(本社:京都府京都市、代表取締役:十河 慎治)と業務提携し、位置情報に基づいたモバイル特化DMP×動画の新手法を開発する「ジオターゲティングプロジェクト」を、10月1日(木)より開始します。

アドインテが製造しているWiFi/Beaconセンサ端末「AIBeacon」(2015年3月特許取得済み、TELEC認証取得済み)は、従来のBeacon端末と同様の情報プッシュ送信だけでなく、Wi-Fiによる匿名のアクセス情報を取得・蓄積することが可能で、Wi-FiとBLE両面からのデータ蓄積/解析が可能なDMPの基幹となる端末です。これにより、対応するアプリをインストールしていないスマートフォンからの接触も検知することができ、顧客マーケティングの幅を大きく広げられると同時に、ユーザーごとの配信情報最適化により、スマートフォン利用者の現実行動における利便性も高まります。「AIBeacon」を通じて取得された電波情報は、独自の方式により不可逆なIDへと変換され、アドインテが運用するDMPサーバで厳密に管理されます(本IDを使用した個人情報へ結びつく一切の解析・追跡は行ないません)。「AIBeacon」の設置箇所には、「AIBeacon PLACE ID」が生成され、個体の「AIBeacon」だけでなく、複数の「AIBeacon」を一つの場所としてまとめて管理することもでき、場所の特性に合ったスケジューリング配信や、配信対象を特定したオーディエンス配信を簡易かつ高度に行うことができます。また、当該DMPにおいては九州大学 基幹教育院の島田敬士准教授(イメージ・メディア理解研究室)と共同研究を行っており、スマートフォンユーザーの位置情報を蓄積・解析することで、行動予測およびジオターゲティングを可能とするDMPを構築しています。

今回の業務提携により、ベクトルはアドインテが保有するサービスを共同で更に強化することで、動画コンテンツを、位置情報を元にしたデータを活用して最適なユーザーに対し、最適なタイミングでの配信が可能になるとともに、リアルな行動に基づいたマーケティングプランの立案などの新たな手法開発にも取り組んでまいります。

今後も、ベクトルグループは、「いいモノを世の中に広める」という理念のもと、従来の PR 領域にとどまらず、「いいモノを世の中に広める」ために顧客が必要とするあらゆるサービスをワンストップで提供してまいります。

【株式会社アドインテ会社概要】

会社名  : 株式会社アドインテ
住 所  : 京都市下京区四条町347-1 CUBE西烏丸9F
設 立  : 平成19年5月20日
代表者  : 十河慎治
資本金  : 2億3075万円(資本準備金2億2325万円)
事業内容 : アドインテDSP/DMP事業・AIBeacon端末製造/販売事業・
      WEBマーケティング事業・システム開発事業・デザイン制作事業・
      アプリ開発/運用事業・メディカル事業
URL   : http://adinte.co.jp/

【株式会社ベクトル 会社概要】
会社名  : 株式会社ベクトル
住 所  : 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設 立  : 1993 年3 月30 日
代表者  : 西江 肇司
資本金  : 1,738百万円(2015年2月28日 現在)
事業内容 : マーケティング分野における戦略的PR
URL    : http://www.vectorinc.co.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ベクトル
  4. >
  5. 位置情報に基づいたモバイル特化DMP×動画の新手法開発に向けジオターゲティングプロジェクト開始 株式会社アドインテと業務提携