アルプス電気、ダッソー・システムズのグローバル・トレーサビリティ(GT)を採用

製造、物流、品質情報の一元化により グローバルMOMを継続的に改善、 IIoT (Industrial IoT) 戦略を支援

3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズは、アルプス電気株式会社 (本社:東京都大田区、以下、アルプス電気様) が、グローバル製造オペレーションにおける、より高精度な製品追跡管理を実現するためにダッソー・システムズのDELMIA Apriso グローバル・トレーサビリティ (GT) を採用したことを発表しました。

 

アルプス電気様は、家電、モバイル機器、自動車、環境・エネルギー市場など、全世界2,000社を超えるメーカーへ約40,000種類におよぶ電子部品を供給する総合電子部品メーカーです。同社は市場競争力を高めるために、複数拠点の製造管理システムを標準化させる目的で、2013年よりダッソー・システムズのDELMIA Apriso MOMと、そこで収集したデータを統合的に分析するMPI*2ソリューションを導入しています。この導入により同社は、業務と製造オペレーション プロセスの標準化と継続的改善をグローバル規模で実現できる共通基盤を構築しました。

今日の自動車業界では、完成車のプラットフォーム化に伴う車載コンポーネントの共通化により、グローバル規模でのリコール管理が必須となっており、従来の範囲を超えたグローバル規模でのトレースシステムの構築が急務となっています。

こうした背景からアルプス電気様は、導入済みのDELMIA Apriso MOMソリューションと連携可能で、複数のグローバル製造拠点からトレーサビリティに必要な4M情報*3をリアルタイムに収集し、それらの情報を一元管理しながら上流から下流までトラッキングできる製品追跡システムの検討を開始しました。そして最終的に、短期間でのシステム構築、設備システムとの連携、ビッグデータに対応可能なアーキテクチャーの観点を踏まえて、DELMIA Apriso グローバル・トレーサビリティ (GT) の導入を決定しました。

本ソリューションは社内のみならず、生産活動にかかわる取引先企業から最終納品先であるお客様まで含めたグローバル・サプライチェーン・ネットワークを広範囲に網羅しイベント情報を追跡します。このソリューションは、Apriso MOMソリューション以外のシステムからも必要情報を収集できるよう設計されており、収集されたビッグデータを洞察するリアルタイムな分析機能を備えるため、IIoT (Industrial IoT) を活用したスマート ファクトリーとしての基盤にもなり得ます。最終的な目標は、グローバルトレース情報とその他製造に関連する情報を有効活用することによって、全体の品質コストを削減しながら、製品ライフサイクルの短縮に応えるために新製品投入 (NPI) の立上げ段階での品質を標準化しつつ、グローバル規模で製造オペレーションを効率化することです。

アルプス電気様にとっても、本ソリューションは同社のグローバル・トレーサビリティの実現を補完する上で理想的なソリューションであり、今後順次同社のすべてのグローバル拠点への導入が予定されています。

同社情報システム部の遠藤康生氏は次のように述べています。「ダッソー・システムズのDELMIA Aprisoは、わが社のグローバル トレーサビリティ プロセスの実現を補完する上で理想的なソリューションです。今後は、主要な拠点へのグローバル展開を進めていき、スマート ファクトリーに対するわが社のビジョンの実現に努めてまいります。」

ダッソー・システムズ株式会社 代表取締役社長である鍛治屋清二は次のように述べています。「デジタル イノベーションの波は製造現場にまで押し寄せてきています。そのような中、アルプス電気様が自社のグローバル競合性向上のために、弊社のグローバル・トレーサビリティ ソリューションを採用して下さったことを大変光栄に思います。」

ダッソー・システムズのマニュファクチャリング オペレーション マネジメント ソリューションに関する更なる詳細情報については、こちらからご覧ください。 www.apriso.com (英語)、www.apriso.co.jp (日本語)

*1 MOM: 製造オペレーション管理 (Manufacturing Operations Management)
*2MPI: マニュファクチャリング・プロセス・インテリジェンス
*3 4M情報:人、機械、材料、方法 (man, machine, material, method) に関する情報

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約19万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

 3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBES、3DSWYMおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ダッソー・システムズ株式会社
  4. >
  5. アルプス電気、ダッソー・システムズのグローバル・トレーサビリティ(GT)を採用