株式会社エス・エム・エスと株式会社マネーフォワードが提携

介護事業者にマイナンバー管理システムを提供

介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「SMS」)と中小企業・個人事業主向けの会計・請求書・マイナンバー管理等クラウドサービスを運営する株式会社マネーフォワード(代表取締役社長 CEO:辻庸介、以下「マネーフォワード」)は、中小介護事業者向けに新たにマイナンバーに関するサービスの提供を年内に開始予定です。
【サービスの概要・内容】
SMSは中小介護事業者向けに経営支援を目的とした「カイポケ経営支援サービス」を提供しています。既にマネーフォワードとの業務提携で提供されているクラウド型会計ソフトに加えて、「カイポケ経営支援サービス」を利用する介護事業者は、「カイポケ経営支援サービス」内で「MF クラウドマイナンバー」を利用することができす。
また、介護事業者は従業員やその扶養家族のマイナンバーの収集・管理・廃棄を「MF クラウドマイナンバー」に委託することにより、マイナンバー漏洩のリスクを回避することができます。
サービスの内容は以下のとおりです。

1) クラウド型マイナンバー管理ソフト「MF クラウドマイナンバー」を月額 500 円で利用可能
カイポケ経営支援サービスを利用中であれば、すべての法人が 2016 年 6 月末まで無料、以降月額 500 円、さらに初期費用は無料と安価な価格でご利用いただけます。

2) カイポケ経営支援サービス上から MF クラウドマイナンバーにログインすることが可能
日常的に使用している「カイポケ経営支援サービス」から MF クラウドマイナンバーにログインできるため、手間がかからず、業務負荷の削減ができます。
 
3) カイポケ経営支援サービスから MF クラウドマイナンバーへの従業員情報の連携(導入予定)
既にカイポケ経営支援サービスに登録されている従業員情報を MF クラウドマイナンバーに連携いたします。介護事業経営者又は管理者はマイナンバー管理のための従業員の登録作業を軽減することができます。

【サービス開始の背景】
来年 1 月よりマイナンバー制度が開始されることとなり、企業はマイナンバーにかかる安全管理対策などの対応を年末までには実施することが望ましいとされています。
しかし、SMSが介護事業所に実施したアンケートによると、アンケートに回答した介護事業者の約 8 割がマイナンバーの安全管理対策ができていないと回答しており(図 1)、経営リスクであるマイナンバーの安全管理対策が後手にまわっていることがうかがえます。
今回、「カイポケ経営支援サービス」内で「MF クラウドマイナンバー」を提供することで、介護事業者がなかなか実施しづらいマイナンバーへの対応を、安全・安価に提供し、事業運営にかかるリスクを低減したいと考えております。
 

                                             【図1】


【カイポケ経営支援サービスについて】
カイポケ経営支援サービスは、介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービスです。採用支援サービスや営業支援サービスなど現時点で 35 を超える経営支援サービスを展開しており、全国約 10,600 拠点の介護事業所が会員となり、ご利用いただいております。

【『MF クラウドマイナンバー』について】
MF クラウドマイナンバーはセキュリティ強化を最優先事項として開発された、中小企業・個人事業主向けのマイナンバー管理システムです。収集から廃棄まで全てクラウド上で完結して、管理負担を大幅削減します。また、事業者からマイナンバーの管理を受託する税理士・社会保険労務士の皆さまにもご利用いただけます。

提供会社:株式会社マネーフォワード
URL: https://biz.moneyforward.com/mynumber
開始日:2015 年 10 月 2 日(金)
特 徴:・Mac、Windows XP で使用可能。クラウドなのでバックアップも万全、アップデート不要
・本人確認はスマホ撮影で OK、ペーパーレスで完結
・利用履歴のログを自動収集してシステム上に保管(開発中)
・マイナンバー情報は PC のローカルや書面にデータが残らないためセキュリティ上安心
・アラート機能により保管期限が過ぎた書類や番号の存在をお知らせ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マネーフォワード
  4. >
  5. 株式会社エス・エム・エスと株式会社マネーフォワードが提携