「日本刀」の本が異例の32万部突破!【最新刊は読者の半数が女性】

~日本刀ブーム!!  本、ゲームが大ヒット、展覧会も盛況!~

株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する、別冊宝島「日本刀」シリーズは、2015年3月10日(火)の重版をもって、シリーズ累計32万部を突破します。
株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する、別冊宝島「日本刀」シリーズは、2015年3月10日(火)の重版をもって、シリーズ累計32万部を突破します。

 

昨年1月に第1弾として別冊宝島2120『日本刀の本』を発売。『日本刀の本』は2000円~3000円の類書が多かったなか、多くの方に手に取っていただきやすいよう、仕様を中綴じの大判ビジュアルムックにし、低価格にしたことで、40~60代の男性を中心に異例の15万部となりました。第1弾が好評だったことから今年の1月に第2弾として別冊宝島2288『日本刀』を発売したところ、第1弾は男性読者が80%であるのに対し、第2弾の読者は女性が半数を占め、うち38%は20~30代の女です。「歴女」ブームをはじめ、漫画の『ワンピース』『ナルト』にも「刀」は登場し、キャラクターを際立たせるツールとして表現されていることや、刀剣をイケメンに擬人化したオンラインゲーム『刀剣乱舞』のヒットなどにより、刀剣に興味を持つ女性が増えたことが要因だと考えられます。もともと男性を中心にヒットしていた「日本刀」シリーズですが、新規購入者として20~30代の女性を獲得したことがさらなる大ヒットに繋がったと考えられます。また本に限らず、日本各地で開催される刀の展示会へ本物の刀を一目見たいと足を運ぶ女性が増加しているという現象も起きています。

宝島社は今後も、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、より多くの読者の方に喜んでいただけるコンテンツを企画・提供してまいります。

 

■商品概要
第1弾 別冊宝島2120 『日本刀の本』
発売:2014年01月15日

定価:本体838円+税

第2弾 別冊宝島2288『日本刀』
発売:2015年1月16日
定価:本体800円+税

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 宝島社
  4. >
  5. 「日本刀」の本が異例の32万部突破!【最新刊は読者の半数が女性】