二輪車の世界市場

急成長 / アジアはボッシュの二輪車向け高効率エンジン制御システムの大幅な成長が見込める市場

 

成長:現在、世界中で生産されている内燃機関を搭載した二輪車の台数は年間およそ6,000万台に達しています。同市場は2020年までに1億1,000万台規模に成長し、平均年間成長率は約5%になると見込まれています。このように、特にアジア市場は高い伸びを見せています。

世界市場への参入:同市場への参入にあたり、ボッシュはグローバルなアプローチを採用し、アジア市場向けの低価格帯の二輪車、欧州および北米市場向けの高性能バイクのいずれにも対応したソリューションを開発しました。ボッシュのこのテクノロジーの核となっているのは、電子式エンジン制御システムです。

欧州:欧州市場では、スポーツ性と冒険を象徴する高性能な二輪車が主流で、主な用途はレジャーとなっています。また、これらには一般的に、最新のエンジン テクノロジーと高度なセーフティ システムが搭載されています。

アジア:早ければ2020年にも、アジアで販売される二輪新車の5台中4台にエンジンが搭載される見込みです。ただし、中国は例外で、中国の二輪車市場では電動式のeスクーターが主流となっています。

インドでの変化:インドでは、エンジン排気量250 cc未満の二輪車が一般的な交通手段とみなされています。同市場に投入する製品は、コスト パフォーマンスが優れ、1,000ユーロ未満の価格帯で、なおかつ実用性が高いものである必要があります。多くの二輪車ではいまだにキャブレター技術が採用されていますが、その傾向も徐々に変わりつつあります。ボッシュは、2020年には最新のエンジン制御技術を搭載した二輪車約1,500万~2,000万台がインドで販売されると予測しています。この技術には、モビリティ コストの削減や環境保護への貢献も期待されています。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ボッシュ
  4. >
  5. 二輪車の世界市場