『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』 反響の声、続々!

子供を守るためバブルOLがド根性母ちゃんへ変身!人気料理家のレシピエッセイ、大好評

アトピーで多動児の息子のために、全て、手作り料理にすることを決意!
というか、そうするしかなかった著者が気づいた、料理のコツと楽しさ
『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』 / 宮川順子 著
ぴあ株式会社より好評発売中!

報道関係者各位 御中
 

著者の宮川順子氏は、アパレル業界で青春を謳歌して、寿退社。
家事に興味はなかったものの、子供を産んだら、アトピーであることが判明。
さらに成長するにしたがって、ADHD(多動性障害)であることも、わかりました。

効果的な治療法はない、外食や添加物の入ったものを食べると、発疹が出ることはわかる。
だとしたら、やることはひとつ。
料理なんて大嫌いだったけれど、仕方ないから、全部手作りにするしかない!

そうして始まり、気が付けば人気料理家になっていた著者の15年間を、
なぜか笑えてホロっとくるエッセイと実際のレシピで綴った
『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』(ぴあ刊)への
反響が大きく続々と感想が寄せられ、現在、好評発売中です。

料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由 表紙

宮川順子氏


本書へ寄せられた感想の一部を、以下、ご紹介致します。

【寄稿コメント①】
僕の娘が結婚することになったら、この本を手渡そうと思う。
君はこれから妻となり、母となる。予想もしなかった喜びに包まれるだろう。
想像もできなかった辛いことも起きるかもしれない。
でもこの本を読んで、『母の覚悟』というものがなにか、感じ取ってほしい。
人間という動物に備わった、なによりも強く凛々しく、愛に満ちた母の覚悟を受け取ってほしい。
大変な母の覚悟を、心から楽しんでいる人がいることも知ってほしい。
そしてあなたの母の愛と苦労も感じてほしい。
家事も大変だろう。でもなにより君の作る日々の料理を大切にし、
家族の絆を養っていくことを、第一にしてほしいと思う。

【寄稿コメント②】
敬愛する宮川順子さんの料理エッセイが発売になりました。
息子さんのアレルギーがそもそも料理の世界へ入るきっかけで、
ご本人曰く、頑張らずに楽しみながら、でも、必死で、手作り料理に励んだ日々の思いや、
料理で育んだ親子関係のエピソードを通して、アレルギーや発達障害のお子さんを抱え、
「ちょっと辛いな~」とか、「負けそう」とか、「出口が見えない…」とか、
悩んでるお母さん方やお家ご飯担当の全ての皆さんに向け、大丈夫だよ!の
応援メッセージのつもりで書かれたそうです。
エピソードに沿った料理のレシピはもちろんですが、料理家になる過程で経験したり、
味覚の勉強をしたり、プロの料理人さんとの交流を通して導き出した、
確実においしいレシピにするための秘密の“おいしさの計算法”も、掲載されています。
ぜひ、お手にとっていただければ幸いです。

【寄稿コメント③】
大好きな宮川順子先生の『料理嫌いだった私が「365日x15年」毎日台所に 立ち続けた理由』が
出版されました。
華やかな業界でバリバリ働いていた先生が、食物アレルギーの息子さんのために一転、
パンもソーセージもハムも、口にするもの全て、最初は試行錯誤で自家製でつくる事になった、
母としての愛情たっぷりのエッセイと、早速使いたい便利そうなレシピが、沢山詰まった本です。
今では食育会の重鎮ですが、こんな経緯があったとは、全く知りませんでした。
私は...前書きを読んだだけでもう胸がいっぱいになってしまいました。
「息子さんからのメッセージ」にいたっては、目が霞んでしまい、読めなくなりました。
というのは..
誰が見てもつい微笑んでしまう可愛らしい赤ちゃんの写真、そんな娘の写真が、
我が家にはありません。
顔は腫れ、目尻も、耳も、口の周りも、膝裏や肘に至るまで、血とかさぶただらけで、
あまりに可哀想で写真に残せなかったからです。小さい時は痒みとの闘いでした。
スカートはもちろん一度も履いた事がなく、常に長袖にスパッツ。
小麦アレルギーがあって、お素麺一本を口にしただけで気道閉塞、呼吸困難に陥った事もあります。
そんな状況を本人にストレスに感じさせては歪んでしまう、と種々必死だった、私がいました。
この本を読んで、そんな娘の小さい頃の事を思い出しました。
でも今ではすっかり綺麗になって、本当に良かった!

【寄稿コメント④】
久しぶりにとても影響を受けた本に出会いました。
Eriko Inuoさんが紹介されていた投稿記事を読んで、即購入したこちらの本です。
帯に『レシピエッセイ』と表されている通り、単なるレシピ紹介ではなく、
息子さんのために一念発起して『無添加・手作り料理』を追求するに至った
著者の経験や体験、想いが綴られています。
「子どもたちには出来るだけ手作りのものを」という気持ちから、
完璧ではないものの、料理はもちろん、パン、お菓子なども時間を見つけては
手作りに挑戦したりしていますが、そんな自分を応援して頂いた気持ちになりました。
子どもがいる人だけではなく、自分の手料理を食べてくれる人がいる、
みんなにオススメしたい本です。

【宮川順子・プロフィール】
●1957年福岡県生まれ。「MIIKU(社)日本味育協会」代表。
長男のアレルギーを機に、親子共々の「食の重要性」を実感。
実家の料理屋での記憶や友人シェフのアドバイスで、オーガニック食品による、
無添加手作りを実践。
2人の子供の子育てが一段落後、自分の体験をもとに添加物のない、
簡単でおいしい家庭料理を伝えたいと教室をスタート。
各種資格を取得後、現在は「心と体に美味しい食卓」の周知拡大を目指し、
料理教室を主宰すると共に、食業界のプロや一般に向けて、
広く味覚教育講師や資格試験講師、商品開発のアドバイザーなども務めている。
(宮川順子・Twitter)https://twitter.com/junkomiyagawa
(宮川順子・オフィシャルサイト)http://www.e-miyagawa.jp/

【『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』主な内容】
●はじめに…
●家庭料理の一番のコツは「頑張らない」
●無添加100%を可能にする考え方
●調理は「煮る」と「焼く」ができればいい
●学校に呼び出された日々
●料理は「献立」が8割、「おいしい」は2割
●毎日のことだから飽きない工夫
●子供がよそで迷惑をかけない工夫
●手作り料理を助ける道具
●元気がない日はお菓子を焼いて
●鶏のから揚げがつないだ友情
●料理家を志す
●料理で「アトピー」「ADHD」は改善する
●やっぱり家庭料理は愛情です
●あとがき…
●長男・佑太郎から、母へのメッセージ

【『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』概要】
●著者:宮川順子
●発売日:2015年12月16日(水)
●価格:1,512円(税込)
●判型:四六判
●ページ数:213ページ
●発行・発売:ぴあ株式会社
※「BOOKぴあ」(http://piabook.com)・全国書店・ネットショップ等で発売中!

具だくさんクリームシチュー

調味料

白菜のたいたん&ほぐし卵のかにあんかけ

愛用の料理道具たち

パヴェ・オ・ショコラ (生チョコレート)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ぴあ株式会社
  4. >
  5. 『料理嫌いだった私が「365日✕15年」毎日台所に立ち続けた理由』 反響の声、続々!