昭文社から訪日外国人観光客向けに初の英語版地図『TOKYO 東京 Tourist Map』『KYOTO 京都 Tourist Map』新発売

昭文社初の外国人観光客向けの観光地図

株式会社昭文社は、増え続ける訪日外国人観光客向けに、英語版の観光地図『TOKYO 東京 Tourist Map』『KYOTO 京都 Tourist Map』を、2016年2月12日より発売いたします。創業より地図を出版し続けている昭文社が、外国人観光客向けに初めて紙の地図を発売いたします。

  株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向けの英語版の観光地図『TOKYO 東京 Tourist Map』『KYOTO 京都 Tourist Map』を、2016年2月12日より国際空港をはじめ東京や京都の観光地を中心とした書店で発売いたします。
 当社としては、外国人観光客向けの観光地図を出版するのは初めてのことになります。
 

 

(左)『TOKYO 東京 Tourist Map』表紙 (右)『KYOTO 京都 Tourist Map』表紙

 2020年を前にして早くも訪日客数2000万人を超える勢いを見せ、インバウンド市場が盛り上がっています。FITと呼ばれる個人旅行客の割合も増加し、オリジナルな旅程を組み立てて楽しむというニーズが高まっています。
 地図は個人旅行の必需品で、スマートフォンやウェブサイトでは数多くの地図サービスが閲覧できますが、観光に特化した紙地図はまだ多く販売されていませんでした。創業より地図を出版してきた当社は外国人観光客にも使いやすい地図の検討を重ね、このたび当地図を制作いたしました。外国人観光客のニーズや好みを考慮したうえで日本の地図ならではの精密・正確さを活かした、旅に役立つ一枚地図です。

■『TOKYO 東京 Tourist Map』『KYOTO 京都 Tourist Map』の特長
●プラニングと観光情報に特化した観光地図
 当地図は、訪日外国人観光客の方にとって使いやすいよう日本人向けの地図とは異なる特長を持っています。基本的に主要な観光スポットを徒歩また公共交通機関で移動する方を想定しており、プランニングと観光情報に特化した地図です。
表面では、都市全体地図を掲載し、裏面では外国の方に人気の観光エリア(例:浅草、銀座など)の詳細地図を掲載。
 地図のデザインは、駅などの公共交通機関の情報や、観光スポットの注記が目立つようにし、細かい住所表示や観光と関係のない施設の注記などは極力省いてすっきりと見やすくいたしました。
 ホテルなどのピクトグラム表記に関しては、観光庁が発表しているガイドラインを参考にしつつ外国の方にも分かりやすい記号表現に取り組みました。
 また、詳細地図は、主要観光エリアを色づけして視認性を良くしたり、著名なスポットの写真を掲載したりして、目的地をイメージしやすいようにいたしました。

 

<『TOKYO 東京 Tourist Map』地図本体(裏)>

<『KYOTO 京都 Tourist Map』地図本体(表)>

●持ち運びやすく、取り出しやすい箱型パッケージと見やすい蛇腹折地図
 当地図では、持ち運びやすく移動中でも取り出しやすい箱型パッケージを採用。パッケージ上部が開いているため地図を確認したいときにサッと取りだせます。地図本体は蛇腹折なので、電車などで大きく広げられない時も見やすくご使用いただけます。
 また、日本を旅行している雰囲気を盛り上げるため、全体のデザインを日本らしく和テイストに統一しました。

<和テイストのデザイン>

●鉄道路線図や日本語会話集などお役立ち情報も
 地図がメインではありますが、各都市の主要鉄道路線図や簡単な日本語の基本会話集、観光スポットの索引も収録。旅に役立つ機能もコンパクトに掲載しています。

<役立つ日本語の基本会話集>

■商品概要
【商品名】
『TOKYO 東京 Tourist Map』
『KYOTO 京都 Tourist Map』

【地図判型】各400mm×800mm  
【価格】本体各900円+税
【発売日】2016年2月12日

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社昭文社
  4. >
  5. 昭文社から訪日外国人観光客向けに初の英語版地図『TOKYO 東京 Tourist Map』『KYOTO 京都 Tourist Map』新発売