ソフトバンク・テクノロジー、Office 365の導入ユーザ数30万を突破

~企業システムのクラウド化を推進し、国内エンタープライズ企業への導入実績 No.1~

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、Microsoft Office 365(以下Office 365)の導入ユーザ数が30万を突破しましたのでお知らせします。これは、国内エンタープライズ企業へのOffice 365導入実績としては国内最大級(自社調べ)のユーザ数となります。

SBTは、クラウド黎明期より企業システムのクラウド化を積極的に推進してまいりました。中でも、Office 365をはじめとしたマイクロソフトのクラウドサービスには、2009年のリリース当初より注力して取り組んでいます。


これまでに培ってきた豊富な実績から得たノウハウに基づき、お客様がサービスをスムーズに活用できるよう、Office 365の導入計画からアフターフォローまでトータルでご支援できる体制を整えてまいりました。
また、シングルサインオン環境を実現するクラウドアクセスコントロールサービス「Online Service Gate」や、セキュリティを向上させる認証サービス「ADFS on Cloud」の提供など、Office 365と連携するオリジナルサービスには特に力を入れています。
さらに、さまざまなワークスタイルをクラウド化で支援するべく、情報共有基盤「SharePoint」への移行支援、プラットフォームサービス「Microsoft Azure」でのシステム開発・構築など、マイクロソフト関連サービスの拡充を進めてまいりました。

こうした取り組みと技術力が評価され、SBTでは、大規模なユーザや複雑な要件を持つお客様企業へのOffice 365導入数が増加しており、着実に実績を伸ばしています。

現在、これらに加えて、新たに、ユーザID管理・デバイス管理・データ保護の3つの機能がまとまった「Enterprise Mobility Suite」への取り組みも開始しており、クラウド化に伴うモバイル環境の管理とBYODの課題へ対処することで、お客様のシステムのさらなる利便性向上を図ってまいります。


▼ SBTの提供するマイクロソフトソリューションに関する詳しい情報は以下のウェブサイトをご参照ください。
https://www.softbanktech.jp/service/name/ms/?cid=20150226_01_pr


SBTは今後も、付加価値の高いサービスの提供と、クラウド化によるワークスタイル改革の推進により、お客様のビジネス発展に貢献してまいります。


※Microsoft Office 365、SharePoint、Microsoft Azure、Enterprise Mobility Suiteは、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBT
  4. >
  5. ソフトバンク・テクノロジー、Office 365の導入ユーザ数30万を突破