インターネット上における企業の信用低下に繋がる情報等を監視できるサービス「i-Smart Watcher(アイ・スマート・ウォッチャー)」を提供開始

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、企業の信用低下に繋がる情報等をインターネット上で監視できるサービス「i-Smart Watcher(アイ・スマート・ウォッチャー)」を、2月13日より提供開始いたします。

近年、スマートフォンの普及により、生活者はインターネットで日常的に情報を得ることができるようになりました。このような中、インターネット検索サイトの検索結果上位に表示されるサイトの中には、企業や商品・サービスに対する誹謗中傷や事実と異なる噂などの情報が含まれていることがあります。
企業がこれらの状況を把握せず放置してしまうことは、企業やサービスに対する評判が低下し、生活者は誤った情報をもとに、企業や商品・サービスの購入・利用を避けるなど、風評被害になる可能性があります。

本サービスは、このような状況を回避するために、インターネット上に存在する、企業や商品・サービスに対するコメントや投稿の中から、あらかじめ監視したい項目をキーワードとして設定することにより、簡便に閲覧・監視できるサービスです。

本サービスを活用することにより、風評などによって生じる企業の損失を最小限に留め、風評から企業を防衛するための対策が打てる状態にすることができます。また、ネガティブな情報への防御だけでなく、企業や商品・サービスのポジティブな情報を定点観測することで、企業のインターネット上の評価の推移を把握することにも活用できます。

--------------------------------------------------------------
本サービスの特長
--------------------------------------------------------------
・監視を自動化・簡易化することにより、従来の有人監視などの監視サービスに比べ低コスト
・ASP(Application Service Provider)型のサービスのため、簡便に導入可能(発注後5営業日程)
・監視対象範囲は、大手検索サイト2社(サジェストワード・関連ワード・検索結果として表示されるサイト)と、twitter、2ちゃんねる
・監視対象の誹謗中傷レベルを10段階で表示、サイト順位の過去履歴を表示することが可能

インテージは今後も、企業と生活者の間に立ち、企業の持続的な発展に貢献できるサービスの開発・ 提供を続けてまいります。

【株式会社インテージ】 http://www.intage.co.jp/
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによってその先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

--------------------------------------------------------------
この件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------
■株式会社インテージ 広報担当
担当:小関(おぜき)/佐藤(さとう)
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8318
「お問い合わせフォーム」 http://www.intage.co.jp/contact/

※本ニュースリリースは、総務省記者クラブ、情報通信記者会に配布しております。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社インテージホールディングス
  4. >
  5. インターネット上における企業の信用低下に繋がる情報等を監視できるサービス「i-Smart Watcher(アイ・スマート・ウォッチャー)」を提供開始