エリア最大級のアンダーアーマーコーナー2016年10月21日(金)、スーパースポーツゼビオ オプシア鹿児島店にオープン

http://www.supersports.co.jp/special/201610-kagoshima-UA/

 アンダーアーマーを日本で展開する株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役CEO:安田秀一)は、ゼビオグループ(本社:福島県郡山市 代表取締役社長:諸橋友良)のスーパースポーツゼビオ オプシア鹿児島店にエリア最大となる100坪級のアンダーアーマーコーナーを2016年10月21日(金)12:00にオープンします。

 


 米国のエキサイティングなスポーツショップを手本としたアンダーアーマーコーナーは、豊富な品ぞろえとスポーツの躍動感あふれる売場で、アンダーアーマーブランドを全身で体感いただけるほか、他のスポーツ店では販売していないアイウェアやライフスタイルなどの限定商品もお買い求めいただけます。

 同時に10月18日(火)からは、「スーパースポーツゼビオ オプシア鹿児島店×アンダーアーマー」の限定動画を公開します。周囲の常識にとらわれず、リスクを恐れずチャレンジし続ける、まさにアンダーアーマーブランドの価値観を体現した、世界で活躍する選手たちの姿にもご注目ください。

「スーパースポーツゼビオ オプシア鹿児島店×アンダーアーマー」限定動画URL:https://youtu.be/MeZs8hovBAM
一度訪れたら何度も行きたくなるような、躍動感が味わえるエリア最大級のアンダーアーマーコーナーへ、ぜひお越しください。


■ゼビオグループ

ゼビオグループは、スーパースポーツゼビオ、ヴィクトリア、ゴルフパートナーを全国に展開しており、グループ合計で650以上の店舗を構えております。いずれの店舗においても、お客様の視点に立った売場設営と店舗運営を心がけており、販売員一人一人がお客様と真摯に向き合い、お客様の期待を超える満足を提供することを徹底しております。


■UNDER ARMOUR  (アンダーアーマー)

「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。
近年急速に普及した身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散し、身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。米国本社での売上高は2010年10億ドル突破、 2015年36億ドル突破と伸び続け、時価総額は160億ドルを突破。1996年の創業以来、驚異的な成長を続けています。 日本においても、読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー・Jリーグ)、琉球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック ワイルドナイツ(ラグビー)のユニホームサプライヤーとなっているほか、柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)、山田章仁選手(パナソニック ワイルドナイツ)、ケンブリッジ飛鳥(陸上)、宇津木瑠美選手(サッカー女子日本代表)、モデルのKellyさんら多くのトップアスリート・モデルのパフォーマンスを支えています。


■株式会社ドーム

1996年創業。
テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドームは「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力しています。


【一般の方のお問い合わせ先】
ドームカスタマーセンター TEL:0120-106-786   
http://www.underarmour.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ドーム
  4. >
  5. エリア最大級のアンダーアーマーコーナー2016年10月21日(金)、スーパースポーツゼビオ オプシア鹿児島店にオープン