十三駅における可動式ホーム柵の設置について

阪急電鉄では、駅ホームからの転落事故等を防止するうえで、可動式ホーム柵が有効な対策の一つと考え、これまで設置の検討を進めてきました。設置にあたっては、バリアフリー法に基づく基本方針等に示された考え方を踏まえ、関係機関と協議を重ねてまいりましたが、このたび、十三駅3・4・5号線の各ホームに可動式ホーム柵を設置することになりましたのでお知らせします。
引き続き、関係機関の協力を得ながら、2019年春頃までの設置完了に向けて、詳細について検討を行ってまいります。

【概要】
1.設置箇所

十三(じゅうそう)駅(大阪市淀川区十三東2丁目12番1号)
3号線ホーム(宝塚本線 宝塚方面ゆき)
4号線ホーム(宝塚本線 梅田方面ゆき)
5号線ホーム(京都本線 河原町方面ゆき)


2.可動式ホーム柵の内容
可動式ホーム柵の種別:腰高式
可動扉部:一部透過型

<設置イメージ>


3.設置時期
2019年春頃までに完成予定。


阪急電鉄 http://www.hankyu.co.jp/
リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4664.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 阪急電鉄株式会社
  4. >
  5. 十三駅における可動式ホーム柵の設置について