自動車保険の新規インターネット割引額を10,000円に拡大

ソニー損保は、2016年12月1日以降が保険始期日となる自動車保険の新規のご契約を対象に、新規インターネット割引額を従来の8,000円から10,000円に拡大します。
ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、2016年12月1日以降が保険始期日となる自動車保険の新規のご契約を対象に、新規インターネット割引額を従来の8,000円から10,000円に拡大します。(*1)

ソニー損保の自動車保険は、“保険料は「走る分だけ」”というわかりやすさや、充実した高品質なサービスなどがお客様から支持され、各種顧客満足度調査でも高評価をいただき(*2)、ダイレクト自動車保険市場において14年連続でトップの売上を堅持しています。(*3)

今回の新規インターネット割引額拡大により、さらに多くのお客様にソニー損保の自動車保険に関心をお寄せいただき、お見積り・お申込みをご検討いただければと考えております。

また、お客様がソニー損保を選んでくださるよう、より高品質な商品やサービスを提供していくとともに、ソニー損保についてわかりやすくお伝えするための取組みを、引続き推進していく所存です。
 


<本文の注記>
(*1)新規のご契約とは、当社で契約する継続契約以外の保険契約をいいます。なお、お支払回数によっては、新規インターネット割引額が10,000円ちょうどにならない場合があります。ウェブサイトでの契約手続が可能な条件など詳細は、ソニー損保のウェブサイト(http://www.sonysonpo.co.jp/auto/quote/aqte001.html)をご参照ください。
(*2)各種顧客満足度調査とは、主に以下を指しています。
・顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D.パワー アジア・パシフィックによる「2016年日本自動車保険事故対応満足度調査」(http://japan.jdpower.com/ja
・サポートサービスにおける世界最大のメンバーシップ団体HDIの日本法人HDI-Japan(運営:シンクサービス株式会社)による、2016年「Webサポート(ウェブサイト)格付け」「問合せ窓口(カスタマーセンター)格付け」
(*3)自動車保険を主にダイレクトで販売している損害保険会社の自動車保険料収入より(ソニー損保調べ)。売上とは、元受正味保険料のことを指しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ソニー損害保険株式会社
  4. >
  5. 自動車保険の新規インターネット割引額を10,000円に拡大