旬の採れたて高知県産柚子を贅沢に使ったショコラ「GINZA」がイルサンジェー東京ブティックに緊急入荷。数量限定で1月8日(金)から販売開始。

旬の採れたて高知県産柚子を贅沢に使ったショコラ「GINZA」がイルサンジェー東京ブティックに緊急入荷。数量限定で1月8日(金)から販売開始。

購入するためには訪問の予約が必要で、日本で最高額のチョコレートを取り扱うことで有名な、イルサンジェー東京ブティック(渋谷区神宮前、パックアーツ株式会社運営、久々野智小哲津プロデュース)では、旬の採れたて高知県産柚子を贅沢に使ったショコラ「GINZA」を数量限定にて1月8日から販売する。
イルサンジェーは、フランス東部ジュラ地方にある小さな町アルボワにて、116年前の1900年から4代直系でショコラトリーを営む、老舗のショコラブランド。

ショコラは全て、当主のみによって創られる

 

 

創業当初のアルボワ本店

 

現当主である4代目エドワール・イルサンジェーは、フランスの人間国宝に値するMOFを当時史上最年少で受章。
「レシピだけを書いて製造は弟子が行う」のではなく、エドワール・イルサンジェーは毎日コックコートを着て工房に立ち、イルサンジェーブランドの全てのショコラを彼1人で自らが作り上げているのが、イルサンジェーの大きな特徴。


全ての工程を手作業にこだわり創られる彼のショコラは、1粒創るのに3日間以上かけるなど、
希少なショコラとして有名。
そんな彼のショコラが手に入る唯一の店舗が、イルサンジェー東京ブティックである。
一昨年まで銀座にお店を構えていた同店は、昨年11月に表参道に移転して再オープンした。

銀座ブティックの様子。赤と黒で統一した店内は変わらず。

 

【イルサンジェー東京ブティック公式サイト】
http://www.hirsinger.co.jp/

トリコロールカラーのコックコートは、MOFの証

 

彼自らが素材を選び吟味し、当主である彼のみしか知らない、一子相伝で4代続く秘伝のレシピで創られる
ショコラは、歴代のフランス首相も美味しさのあまり自ら手紙をしたためた、という歴史も残っているほど。

そんな彼が、柚子の名産地として知られる高知県産の柚子と出会い、開発したのが「GINZA」という名の
ショコラ。
小さな四角いフォルムに、柚子のガナッシュと柚子のプラリネの2層構造になった繊細なショコラには、
人間国宝の技術が至る所に感じられる佇まいだ。

上が柚子のガナッシュ、下が柚子のプラリネ

柚子は、10月から12月にかけて旬を迎え、今が一番美味しい柚子が採れる時期。

東京ブティックには、エドワール・イルサンジェーから「今年は良い柚子が手に入ったので、それを使ったGINZAを早速造ったから、是非味わって欲しい」との知らせと共に、出来立ての「GINZA」がごく少量特別に送られてきたそう。

柚子の果汁と皮の両方を使い、香り高く仕上げたショコラ

 

日本をイメージさせる独特の香りや色味で、フランスでも料理やスイーツの材料として人気の高い柚子だが、一流の職人であるエドワール・イルサンジェーは、「流行の食材を使った新商品を出す」という概念を持ちあわせていないため、それまで柚子を使ったショコラを出したことはなかったそう。

彼自身が納得する食材が揃い、彼の頭の中で完璧な味のマリアージュがインスピレーションとして浮かんだ
時のみ、新作をリリースするというスタンスを常に貫いている。

自ら素材を配合してショコラを作る

そんな彼が、とても味の良い柚子と出会い、その味に感銘を受けて開発したのが「GINZA」である。


エドワール・イルサンジェーが「GINZA」に使用している柚子は、日本一の名産地として名高い高知県産。
昔から柚子は「桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年」と言われ、種を植えてから実がなるまで、
なんと18年もの歳月がかかると言われている。

 促成栽培の柚子では、接ぎ木を使い2,3年で実を収穫していくものがほとんど。

ただ味が落ちてしまうため、エドワールが使っている柚子では、接ぎ木を一切していない、柚子の種から10年以上もの歳月をかけて丹精込めて育てた柚子のみを使用。

 そんな柚子の果汁を贅沢に使った香り高いガナッシュと、柚子の皮を入れたプラリネの2層構造となっている
「GINZA」。

天面に付けた金色の円で、日本の日の丸を表現したその四角いフォルムは、口に運ぶ前から、柚子の良い香りが
ほのかに漂う。

しっとりとした舌触りと柚子の良い香りが口に広がるため、今では東京ブティックでも5本の指に入る程の
人気商品だそう。

イルサンジェー東京ブティックでは、1月8日(金)から、エドワール・イルサンジェーから特別に送られて来た「GINZA」を入れたスペシャルセレクションを、数量限定販売。

旬の高知県産柚子を贅沢に使用したセレクション

 

■旬の柚子を入れたGINZAセレクション ¥7,800  7粒入り
■旬の柚子を入れたGINZAとプレーンガナッシュセレクション  ¥15,600  14粒入り

今回は輸入数量が非常に少ないため、1人2セットまでの販売。

なお、同店は人間国宝エドワールが手作業で創った希少なショコラを販売しているため、購入するためにはメールでの来店予約をする必要がある。

 ■イルサンジェー東京ブティック
東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル1階 左手入口
営業時間 12時~19時  定休日 火水
予約メールアドレス info@hirsinger.co.jp
※予約前には、同店HPの予約状況確認ページにて空き状況を要確認。
【イルサンジェー東京ブティック公式サイト】
http://www.hirsinger.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. PACK ARTS株式会社
  4. >
  5. 旬の採れたて高知県産柚子を贅沢に使ったショコラ「GINZA」がイルサンジェー東京ブティックに緊急入荷。数量限定で1月8日(金)から販売開始。