トレイダーズ証券 GIT取引(海外指数先物取引)での顧客資産分別管理を開始

main image
 トレイダーズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本清志)は、2010年4月1日(木)よりGIT取引(海外指数先物取引)での信託保全を実施してまいります。

金融商品取引法の改正に伴い、お客様からお預かりしているGIT取引にかかる証拠金につきましても信託契約を日証金信託銀行(信託受託者)と締結し、当社の固有資産とは明確に分別し管理してまいります。
これにより、万一証券会社が破綻しても、証券会社の資産からは分離され、一般債権者の手に渡ることなく、お客様に返還することが可能です。
 信託保全の対象とする顧客資産は、GIT取引における受入証拠金+未受渡し実現損益+評価損益の合計額となり、毎営業日計算を行い保全額を算出します。

 トレイダーズ証券では、今後も引続き投資家の皆様のご要望にお応えできるようサービスを拡充してまいります。



【トレイダーズ証券 会社概要】
社名:トレイダーズ証券株式会社
URL:http://www.traderssec.com/
本社所在地:〒106-6034 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー34F
設立年月日:平成11年11月5日(決算期3月末)
資本金:2,000,000,000円(平成21年3月31日現在)
代表取締役社長:橋本 清志
事業内容:インターネット及びコールセンターを通じた証券取引事業及び外国為替取引事業
金融商品取引業登録:関東財務局長(金商)第123号
加入協会:日本証券業協会 金融先物取引業協会
関連会社:トレイダーズホールディングス株式会社

【手数料について】
オンライン注文の場合:日経225先物  1枚あたり1,050円
日経225mini  1枚あたり105円
日経225 オプション 約定代金の
0.735%[最低手数料735円]
CME日経225先物 1枚あたり1,890円

電話注文の場合:日経225先物 1枚あたり4,725円
日経225mini 1枚あたり2,625円
日経225オプション 約定代金の
2.100%[最低手数料5,250円]
           
※手数料はすべて税込となります。
※証拠金不足額の差入が無かった場合等の強制決済時のご注文には電話注文手数料が適用されます。
※CME®日経225先物は電話注文をお受けしておりません。

【証拠金について】
日経225先物及び日経225miniの証拠金所要額はSPAN®証拠金の100%、日経225オプションの証拠金所要額は、先物・オプション取引の顧客の建玉についてSPAN®で計算したSPAN®証拠金額からオプション取引の当該建玉について計算したネット・オプション価値の総額を差し引いて得た額です。
CME®日経225先物(円建)において必要な証拠金額は、シカゴマーカンタイル取引所(CME)の発表するイニシャル証拠金をもとに当社が定めます。 必要証拠金は、通常イニシャル証拠金の100%としますが、市場の変動状況によっては掛目を引き上げる場合もあります。CME®日経225先物(円建)の証拠金は現金(日本円)のみです。

【リスクについて】
・株価などマーケットの変動により損失が生じる場合があります。また、発生する損失の額は預託された資金に限定されません。取引金額は通常預託された資金よりも大きいため、預託資金額に対して大きな利益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。必ず契約締結前交付書面等の書面内容を十分にお読みください。
・外国金融商品市場または当社独自の判断により、取引時間中であっても、取引制限(発注制限(決済注文を含む)、建玉上限設定等)や、必要証拠金の引上げ措置が採られる場合があります。その場合、追加証拠金の差し入れが必要となる場合があります。
・GIT 取引を上場する取引所を管轄する国の規制の対象となります。規制の状況によっては取引が停止または中止される可能性があります。
・当社では、GIT取引によりお客様からお預かりしました証拠金につきましては、CME の清算参加者への差入れ、並びに海外先物委託専用の銀行預金口座にて自己分とは明確に区分し、厳格に管理しております。しかしながら、海外証券先物取引等に係る委託証拠金は金融商品取引法の分別保管の対象及び投資者保護基金の保護対象ではありません。従って、当社が破綻した場合、お客様は返還請求権を有する一般債権者となり、お預かりしている証拠金の全部又は一部が返還されない可能性があります。

平成22年2月19日現在
※本ディスクレーマーは2010年4月1日より変更いたします。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. トレイダーズホールディングス株式会社
  4. >
  5. トレイダーズ証券 GIT取引(海外指数先物取引)での顧客資産分別管理を開始