「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査

最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?

~4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『プッシュ通知に関する実態調査』の結果を発表します。本調査は、スマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全34ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

【調査結果の概要】

■開封されやすい「プッシュ通知」は、1位「SNS」、2位「ゲーム」、3位「ニュース」
「プッシュ通知を頻繁に開封する」と回答した割合が最も高かったアプリのジャンルは「SNS」(42.3%)、次いで「ゲーム」(19.2%)、「ニュース」(15.6%)、「フリマアプリ」(10.0%)でした。

■4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり
頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。
※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

■10代の半数以上は「フレンドリーなプッシュ通知を、開封しやすい」
どのような「プッシュ通知」であれば開封しやすいかを聞いたところ、75.2%の人が「内容やメリットがわかりやすいプッシュ通知」を挙げました。「いかにも通知というようなフラットな文面のプッシュ通知」を挙げた人は43.2%、「テンプレートを利用したとひと目でわかるプッシュ通知」を挙げた人は41.5%でした。
年代別で見ると、10代は「フレンドリーな文面のプッシュ通知」(56.2%)、「 詳しい内容はわからないがインパクトのあるプッシュ通知」(51.6%)に対して、他の年代に比べて開封しやすい傾向にあることがわかりました。
※「開封しやすい」「比較的開封しやすい」の合計。

■約4割が、1日平均10件以上の「プッシュ通知」をもらう
1日に届く平均的な「プッシュ通知」の数は、「5~10件未満」(35.2%)が最も多く、次いで「5件未満」(28.3%)、「10~20件未満」(21.6%)でした。
1日に「10件以上」の「プッシュ通知」をもらう人を合計すると36.5%で、なかには少数ではありましたが、「50~100件未満」(1.6%)、「100件以上」(1.2%)もの大量のプッシュ通知を受け取っている人もいるようです。

■7割以上が、「アプリによってプッシュ通知のオンとオフを使い分け」
「アプリによって、プッシュ通知のオンとオフを使い分けている」人は70.5%でした。「すべてオンにしている」人は15.5%で、「すべてオフにしている」人は6.9%でした。

【調査の実施概要】
調査名:『プッシュ通知に関する実態調査』
調査期間 :2016年3月10日(木)~15日(火)
調査対象 :スマートフォンを所有する10代~50代の男女1,000名
質問項目 :
・「プッシュ通知」のオンとオフの使い分けについて教えてください。
・「プッシュ通知」のカスタマイズについて教えてください。
・1日の平均的な「プッシュ通知」の数について教えてください。
・「プッシュ通知」を確認するタイミングについて教えてください。
・アプリのジャンルによる「プッシュ通知」の開封状況の違いについて教えてください。
(SNSアプリ/ゲームアプリ/ショッピングアプリ/フリマアプリ/動画アプリ/マンガアプリ/ニュースアプリ)
・メッセージの内容による「プッシュ通知」の開封状況の違いについて教えてください。
・「アイコンバッジ型」の「プッシュ通知」の開封について教えてください。
・「アイコンバッジ型」の「プッシュ通知」のカウント数について教えてください。
・「プッシュ通知」に関して感じることを教えてください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジャストシステム
  4. >
  5. 「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査