【アラサーOL1000人調査】洋服を買うときに重要なのは、1位 価格、2位 素材!「高い」と感じる価格のボーダーラインは「1万円」

アラサーOLの“堅実な買い物術”が明らかに

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行するファッション雑誌『steady.(ステディ.)』は、6月号(2015年5月7日発売)にて、「アラサーOLの買い物事情」を発表します。
 

 

 『steady.』は30歳前後の働く女性をターゲットに、通勤服、仕事、恋愛といったアラサーOLの今知りたい情報を提案したり、身近な疑問などを解決していくファッション雑誌です。6月号では、洋服を買うときに重視する条件から、高いと感じる価格のボーダーライン、好きなブランドまで、働くアラサー女子の賢い買い物事情を調査しました。アンケート結果によると、「洋服を買うときにどこをチェックしますか」に対して、1位は価格、2位は素材、3位は着まわし力という結果になりました。一方でトレンドに左右されない長く着られるアイテムは高くても購入するという人が6割以上と、第一に価格や素材を重視し、実用性を求める堅実な考え方であることがうかがえます。また、価格・素材・着まわし力など総合的に信頼できるブランドとして、1位はZARA、次いでユニクロ、アース ミュージック&エコロジーという結果になりました。上位にランク入りしているブランドの特徴として、価格や素材に加え、サイズや丈の長さなどが豊富に揃っているブランドが支持されていることがわかりました。
 また、本誌では、人気ブランドのポイントシステムや通販限定の割引情報など、賢い買い物のお得ネタを特集。詳細は、『steady.』6月号(2015 月5月7日発売)に掲載しています。見本誌もご用意しますのでお気軽にお問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 宝島社
  4. >
  5. 【アラサーOL1000人調査】洋服を買うときに重要なのは、1位 価格、2位 素材!「高い」と感じる価格のボーダーラインは「1万円」