流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」が2014年“コレクル”キーワードで流行を分析!

~上半期はコレがキタ!下半期はコレがクル!!~

東急レクリエーション(本社:東京都渋谷区、社長:菅野信三)が全国に5店舗を展開する、流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」が2014年上半期に同店が取扱った全商品(約3,000種類)の売上データをもとに販売傾向を分析するとともに、2014年下半期のヒットを予測します!!昨年12月に発表した「2014年“コレクル”ランキング」で予測したキーワードに沿って解説します。

※“コレクル”ランキングとは・・・
年間何万点にも及ぶ商品をチェックしているランキンランキンのマーチャンダイザーたちが、最新の売れ行き動向と多方面から収集した情報をもとに2014年のヒット商品を大胆予測したものです!!


<ランキンランキンが選んだ!>
2014年“コレクル”キーワード
★「贅沢ヘルシー」・「進化系多機能」・「温故知新」★


キーワード①贅沢ヘルシー

2014年4月には消費税率が5%から8%へ引き上げられました。増税後の消費行動は安心・安全を重視する「本物志向」と、日常生活のご褒美としての「プチ贅沢志向」が進み、本当に良いものは何かと見極めて購入する特徴が挙げられます。

奇跡のフルーツとも呼ばれるアサイーは、ビタミンやミネラルを豊富に含み、美肌・抗メタボ・血流改善など、美容・健康効果があると言われ、アサイー関連商品の発売が目立ちました。
上半期ヒット商品第1位の『エンナチュラル グリーンスムージー』は、野菜・フルーツ18種とMIX酵素入りで、パウダーを水で溶かすだけの自然派グリーンスムージーです。ランキンランキン全5店舗では、7月17日より『エンナチュラル アサイーベリースムージー』を取扱い予定です。

 

ヘルシー(健康的)な体質を目指す女性に定番人気のくるみやナッツは、上半期ヒット商品で上位20位以内に3アイテムもランクインし、水素水やココナッツウォーターは今年さらに注目を浴びました。
また、化粧品など外からのケアに頼りきらず、姿勢や肩甲骨を整えるアイテムが人気で初ランクインを果たしました。今後も引き続き、インナービューティーを磨くセルフケアグッズは注目のアイテムとなりそうです。

 

 

キーワード②進化系多機能

「本物志向」でも、ちゃっかりお手軽に綺麗になりたい!そんな女性の願いを叶えてくれる、
1つで何役もこなす機能性の高いアイテムが人気を博しています。

12位の『ラッシュピュア ディープクレンジング』は、まつ毛美容液の発想から生まれた天然由来のうるおい成分配合でスキンケアにも効果的なクレンジングジェルです。
オーガニック成分で多機能をかなえる『ママバター』シリーズ商品や、拭くだけでスキンケアが完了するオールインワンシートなど多機能アイテムの進化は止まりません。その中でも、シアバターとシルク配合の色つきリップクリーム『Blistex リップヴィブランス』は、多機能性を持つちゃっかりコスメとして注目が集まっています。


下半期はさらに、飲んで良し!肌に塗って良し!の、食品(飲料)とスキンケアの
どちらにも使える、自然由来のローズウォーターやココナッツオイルなど、進化系多機能アイテムが盛り上がりを見せそうです。

 

 

 

 


キーワード③温故知新

FIFAワールドカップの会場では、観戦後の日本人サポーターらによるごみ拾いが話題になりました。
マナー体現のほか、「頑張って!」や「ありがとう」の言葉を伝えるなど、当たり前のことをきちんとすることの大切さが見直されているのではないでしょうか。アナログな方法で思いを伝えられるレターセットやポチ袋といったメッセージツールが定番となりました。

“流行は繰り返される”と言いますが、ファッション業界では白ソックスやエアマックスのブームが再燃し、逆輸入のけん玉(KENDAMA)もお洒落の一部となるなど、多くの話題を呼んでいます。昔ながらのモノや古き良き素材が見直されています。可愛さと実用性を兼ね備えた手ぬぐいは肌触りの良さや用途の多様性からも、世代を問わず愛されるアイテムとなりました。生活雑貨では、発売から50年以上経つ洗濯用固形石鹸『ウタマロ』もロングセラー商品となっています。

 

健康・美容効果が期待できる日本酒や麹は、若い女性から人気を集め、飲食されるだけではなくスキンケアコスメアイテムとしても広がりを見せています。そうした国産品への注目が高まる中、上半期ヒット商品ランキングには日本ならではの素材(納豆やほしいも、梅など)を使ったお菓子も多数ランクインしています。

 






下半期注目、進む「本物志向」× 強まる「ボーダレス」!

本質を見極め、良質なものを購入する「本物志向」が進んでいます。増税後の消極的な消費傾向は長くは続かず、素材や成分、機能などあらゆる面からより良いものを選び、購入をされているようです。「良いものは良い」、「ここは少し贅沢をしよう!」と、やや高単価でも自分に合ったアイテムが選ばれ、好きなものにお金や時間がより費やされていきそうです。プレミアム感やコラボレーションといったジャンルも今後さらなる飛躍が期待できるのではないでしょうか。
さらに、ゴルフレッスンや体幹トレーニングなど、かつては男性的なイメージが強かったテリトリーへの女性の進出が目立ち、日本酒女子や野球女子の急増など、男女の垣根を越えた「ボーダレス」感が目を引きます。これまで女性の注目が集まりにくかったジャンルでも、固定観念にとらわれず楽しんでいるようです。「本物志向」(プレミアム感)と「ボーダレス」はますます進み、老若男女を問わず選ばれる商品が脚光を浴びそうです!


ヒット商品の詳細、2014年“コレクル”ランキング上半期答え合わせ、2014年上半期ヒット商品ベスト50は別紙の通りです。なお、ランキンランキン各店舗では、2014年7月3日から9月10日まで、2014年上半期ヒット商品ランキング」および「2014年“コレクル”キーワード」のコーナーを設け、展示販売を予定しています。年末には「2015年“コレクル”ランキング」を発表する予定です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社東急レクリエーション
  4. >
  5. 流行発信ショップ「ranKing ranQueen(ランキンランキン)」が2014年“コレクル”キーワードで流行を分析!