楽天トラベル 2015年ゴールデンウィーク 国内旅行動向を発表

- 国内宿泊 前年比58.4%増と過去最高。石川県 同+102.3%と北陸新幹線効果続く-

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、旅行予約サービス「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )における、ゴールデンウィーク(2015年4月29日~2015年5月6日、以下 GW)の国内旅行の予約状況についてまとめましたので、お知らせいたします。
 

新潟県(妙高戸隠連山国立公園)

■□ 2015年ゴールデンウィーク 国内旅行動向 概要 □■

【対象期間】2015年4月29日(祝・水)~2015年5月6日(祝・水)

■サマリー
国内宿泊: 前年同期比+58.4%
宿泊エリア別
 前年同期比ランキング:1位 新潟県(同+113.7%)・2位 茨城県(同+104.6%)・3位 富山県(同+102.4%)→ランキング詳細はこちらからご確認いただけます( http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/gw/
 人気ランキング : 1位 東京都・2位 沖縄県・3位 北海道
宿泊単価: 同+8.9%(1人泊あたり、消費税除く)
国内出発日ピーク: 2015年5月3日(祝・日)

【国内旅行トピックス】

富山県(立山黒部アルペンルート)

 

■北陸新幹線など足回りの利便性向上のため、各地で過去最高を記録。

3月14日に北陸新幹線が開通したことにより、新潟県(同+113.7%)、富山県(同+102.4%)、石川県(同+102.3%)、長野県(同+95.3%)など、北陸地方を中心とするエリアが好調です。石川県では、レンタカー予約の需要が同+106.8%と拡大しており、車で広域を巡る周遊観光を楽しむユーザーが増加傾向にあります。さらに、NHK連続テレビ小説の舞台となる能登・輪島・珠洲周辺エリアは同+84.0%と人気に沸いています。また、2番目に伸長した茨城県は、「上野東京ライン」開業に伴い常磐線が品川駅への直通運転を開始したことで、首都圏とのアクセスがスムーズになったことや、茨城空港発着のLCCを利用する旅行者の宿泊地として同104.6%と増加しています。

■日並びの影響で長期化、遠距離傾向に。九州エリア・東北エリアの周遊旅行が人気。
今年のGW後半は5連休(2015年5月2日(土)~5月6日(祝・水))と日並びも良く、長期化、遠距離傾向が高まっています。中でも、8地方区分内(※1)での連泊予約者データによると、区分内で複数県をまたいだ周遊旅行は同+69.6%、3連泊以上の区分内周遊旅行は同+76.9%と大きく伸長しております。また、区分別では、新幹線での周遊が可能な九州エリア(※2)は同+64.9%、東北エリア(※3)は同+51.5%となりました。次に、予約者の居住地別で行き先を見ると、東京都発では山口県(同+174.6%)、新潟県(同+166.8%)、山形県(同+155.5%)、大阪府発は、茨城県(同+786.1%)、群馬県(同+223.6%)、福島県(同+191.7%)とそれぞれの遠距離にある旅行先が好調です。宿泊ピーク日は2015年5月3日となっています。

■開創1200年の高野山(和歌山県)、記念すべきイベントに観光客が集中。
今年で開創1200年の節目を迎える和歌山県の高野山は国内外から注目されており、高野山周辺エリア(※4)は同+116.6%と活況を呈しています。GW期間中には、金堂御本尊の初公開や、金剛峯寺御本尊が16年ぶりに公開されるなど多くのイベントが開催され、さらなる盛り上がりが予想されます。

 

茨城県(国営ひたち海浜公園)

 

【宿泊予約者 行き先前年同期比ランキングTOP10】
※2015年3月15日時点での予約人泊数実績をもとに前年同期比で算出
1位 新潟県 +113.7%
2位 茨城県 +104.6%
3位 富山県 +102.4%
4位 石川県 +102.3%
5位 群馬県 +101.1%
6位 和歌山県 +98.2%
7位 長野県 +95.3%
8位 栃木県 +94.4%
9位 山梨県 +91.6%
10位 山形県 +89.7%

※「宿泊予約者 行き先前年同期比ランキングTOP10」の詳細はこちらからご確認いただけます
 http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/gw/
 

【宿泊予約者 行き先人気ランキングTOP10】
※2015年3月15日時点での予約人泊数実績をもとに算出
1位(昨年:→1位) 東京都
2位(昨年:→2位) 沖縄県
3位(昨年:→3位) 北海道
4位(昨年:→4位) 大阪府
5位(昨年:↑7位) 千葉県
6位(昨年:↑9位) 静岡県
7位(昨年:↓5位) 神奈川県
8位(昨年:↓6位) 福岡県
9位(昨年:↑13位) 長野県
10位(昨年:↓8位) 京都府

 


【国内旅行動向抽出条件】
2015年3月15日時点での予約人泊数実績をもとに前年同期比で算出
-対象期間(人泊ベース):2015年4月29日(祝・水)~2015年5月6日(祝・水)
-国内旅行:国内宿泊、ANA楽パック、JAL楽パック

【レンタカー動向抽出条件】
2015年3月15日時点での予約数実績をもとに前年同期比で算出
-対象期間(返却日ベース):2015年4月29日(祝・水)~2015年5月6日(祝・水)
(※1)8地方区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州(沖縄含む)
(※2)九州エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
(※3)東北エリア:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
(※4)橋本・高野山エリア
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 楽天株式会社
  4. >
  5. 楽天トラベル 2015年ゴールデンウィーク 国内旅行動向を発表