藤沢数希ら28名が時代にモノ申す!電子限定書籍『時代の動かし方』発売

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、会田誠、沖田×華、開沼博、國分功一郎、清水ミチコ、辛酸なめ子、中村淳彦、橋本治、藤沢数希ら総勢28名の著者による電子オリジナル書籍『時代の動かし方 日本を読みなおす28の論点』を2016年1月29日に発売しました。

『時代の動かし方』紹介画像

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。ウェブサイト“幻冬舎plus”で2015年12月25日から2016年1月5日にかけて、短期集中連載として公開しました。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。


新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。

■収録されている記事の著者・タイトル一覧
  • 会田誠 <イビツな作品づくり> 意見かぁ……
  • 飯田泰之 <経済政策の注目ポイント> 日本経済にまず“実力通り”の力を発揮させよ
  • 生島淳 <スポーツが先取りする日本の姿> 東京オリンピックもWCラグビー日本大会もすぐにやってくる
  • 大栗博司 <一般相対性理論100周年の2015年に> まさか毎日アインシュタインのお世話になるとは
  • 沖田×華 <地元・魚津に思いを馳せる> 北陸新幹線開通でおとずれた幸せと誤算
  • 小野美由紀 <私のまわりのキョーレツな人々> 2016年、それでも私がシェアハウす理由
  • 開沼博 <3・11から5年目にやるべき仕事> 『福島第一原発廃炉図鑑』が埋める「空白」
  • 片田珠美 <精神科女医が射抜く> 大きな嘘にはご用心
  • 國分功一郎 <2016年の課題> 無人島をどう生き延びるか?
  • コグマ部長 <サラリーマンに寄り添う> 仕事始めにテンションの上がる読書案内
  • コラアゲンはいごうまん <私の決意表明> ネタができなくなりました。僕は再び“アレ”を捨てます。
  • 今野晴貴 <とまらない貧困スパイラル> 本当に恐ろしい「奨学金」という時限爆弾
  • 坂口孝則 <私の感じた限界と希望> 万全のリスク管理は無理だと認める勇気を持とう
  • 佐藤慶一 <通りすぎた言葉を取り戻す> “分散型”が進むメディア業界ではWebライター/編集者の“身体性”が鍵を握る
  • 清水ミチコ 似の用心
  • 辛酸なめ子 <私の次元上昇トピックス> 印象に残ったフェス10選
  • 鈴木涼美 <2016年の男たちへ> 私たち、あなたがハゲても絶対嫌いになんかならない。だから……
  • 鈴木大介 <『最貧困女子』著者が断固として訴える> 貧困問題をオワコン化するな!
  • 武田砂鉄 <トレンド先読み> 2016年に求められるのは、「五郎丸ピケティ」的な語感
  • 中川右介 <歌舞伎の未来は明るいか> 海老蔵をもっと歌舞伎座に――これにつきる
  • 中田考 <領域国民国家システムの問題点> 難民問題が“先進国”に突きつけたもの
  • 中村淳彦 <私と日本の再スタート> 2015年、介護という社会保障は破綻した
  • 橋本治 <こんな世の中の生き方> なにが起こってもうろたえない
  • 速水健朗 <2015年のメディアを振り返れば> 聖子とマッチとハムスターとしての僕たち
  • 久田将義 <裏社会の勢力図を先読み> 山口組分裂で抗争勃発?乗じて半グレがのし上がる?
  • 藤沢数希 <恋愛は個人の自由だ> 歴史の悲劇から学び、偏見のない正義と平等の社会の実現に向けて
  • 北条かや <働く独身女性のモヤモヤ> 上司の方々、『タラレバ娘』にきちんと向き合って下さい。
  • Mami(バイリンガルニュース) <Podcastで、今年300個のニュースを紹介して考えたこと> 焦らず忍耐を持って、ポジティブな面に目を向けたい
(著者五十音順)

■書籍情報
タイトル :『時代の動かし方 日本を読みなおす28の論点』
発売日  :1月29日(金)
仕様   :電子書籍
関連URL  : http://www.gentosha.co.jp/book/b9486.html (幻冬舎公式サイト)
関連URL  : http://www.amazon.co.jp/dp/B01AUQKS8M?tag=gentoshaps-22 (Amazon)
※この作品はウェブサイト“幻冬舎plus”で2015年12月25日から2016年1月5日まで集中連載された“言っておきたい!!2016”の記事にもとづいて制作されたものです。

■幻冬舎plus(げんとうしゃぷらす)について
幻冬舎公式のWEBマガジン&電子書店です。
WEBマガジンの執筆は会田誠、アケミン、東浩紀、いとうあさこ、清水富美加、辛酸なめ子、壇蜜、はあちゅう、「バイリンガルニュース」のMami、橋本治、藤田晋、益田ミリほか話題の著名人。無料の会員登録で約4000本の記事が読み放題に。
電子書店は専用アプリ不要の、すぐ読めるブラウザ型なので電子書籍を気軽に試し読みできます。
ここでしか買えない音声コンテンツや特典付きの電子書籍も。

「幻冬舎plus」
URL http://www.gentosha.jp/
Facebook https://www.facebook.com/gentoshap
Twitter https://twitter.com/gentoshap

■株式会社幻冬舎 会社概要
社名 株式会社幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷 4-9-7
設立 1993年11月
代表者 代表取締役社長 見城 徹事業内容 書籍・雑誌・電子書籍の発行及び販売業務
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 幻冬舎
  4. >
  5. 藤沢数希ら28名が時代にモノ申す!電子限定書籍『時代の動かし方』発売