【プロポーズに関する実態調査2015】「3高」「3低」「3平」は、もう古い?!いま結婚すべきは「女子力男子!」

~男性の「女子力レベル」が高いほど、結婚生活が「とても円満」であることが判明!~

2015年 プロポーズされたい・したい有名人ランキング
男性1位:西島秀俊さん(初)
女性1位:有村架純さん(初)
ブライダルジュエリー専門店「アイプリモ」調べ
ブライダルジュエリー専門店「アイプリモ」を運営するプリモ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:澤野直樹)は、直近1年以内にプロポーズまたは入籍した20~30代の男女595名を対象に、「プロポーズ」に関する意識調査を行いましたので、その調査結果を発表いたします。
WEBページ(http://www.iprimo.jp/propose/research/propose/2015.html
本調査は2008年より継続して実施しており、今回の調査で8回目を迎えました。過去の結果につきましてもWEBサイト「プロポーズ準備室」ページ(http://www.iprimo.jp/propose/research/)にて公開しております。

≪2015年調査結果サマリー≫

1)「3高」「3低」「3平」はもう古い!?いま結婚すべきは「女子力男子」!
巷で話題になっている「女子力男子」。男女595人を対象にプロポーズに関する意識調査を行ったところ、女子力が高い男性ほど、プロポーズにかける予算が高く、また、結婚後の夫婦関係が円満である傾向があるようです。プロポーズにかける予算の上限は、全体としては「20万円以上が理想」とする層が昨年の58.5%から56%と微減しているのにも関わらず、女子力男子診断の結果をもとに、女子力男子のレベルごとに見てみると、最も女子力が高い層に関しては、84%が「20万円以上が理想」と回答しています。

2)プロポーズされたい/したい有名人 男性は西島秀俊さんが初のトップ!女性は昨年までV2だった新垣結衣さんを僅差で押さえ、有村架純さんに!
昨年末、「日本中の女性が悲鳴を上げた」と報じられた西島秀俊さんの結婚報道。16歳年下の一般女性との入籍を電撃発表した西島秀俊さんが、昨年のランキング5位からジャンプアップし、トップを獲得。女性は、新垣結衣さんのV3を僅差で押さえた、有村架純さん。ドラマやCM、映画での活躍が目覚ましく、演技力の高さと透明感で人を惹きつけてやまない彼女の、今後の活躍にも注目が集まります。

3)プロポーズが凄そう・こだわりを持っていそうな芸人は、アンジャッシュ渡部さん。自分の結婚式を演出して欲しい有名人は「両性の気持ちがわかるのでは」とマツコ・デラックスさん。いずれも「女子力」には定評が!
家電芸人、サッカー芸人、料理芸人…等、その分野にあかるい芸人さんのことを言いますが、プロポーズが凄そう・こだわりを持っていそうなプロポーズ芸人は誰だと思うか聞いてみたところ、アンジャッシュの渡部さんが堂々の1位を獲得。また、自分のプロポーズを演出して欲しい有名人として、スポーツ界からは松岡修造さん、演劇界からは宮藤官九郎さん、音楽界からはトータス松本さん等、各界からの強豪を押さえてマツコ・デラックスさんがトップを獲得しました。


≪調査結果≫ 
■全体の8割以上がプロポーズを経験!2人に1人は婚約指輪をもらっている!
プロポーズをした/されましたか? という質問に対して、全体の83%が「はい」と回答。8割以上の人が、プロポーズを経験しています。また、プロポーズのときに婚約指輪をもらいましたか?または、あげましたか?という質問に対しては、「もらった」と回答したのは全体の51%となっており、2人に1人は婚約指輪をもらっているという結果になりました。(参考:Q1.2)

 ■男性は意外と「二人の大切な記念日だから」「季節のイベント」といった「女子力が高い」理由でプロポーズをしていることが判明!
なぜその日にプロポーズをしたのか?という、プロポーズの日の理由は、全体の約3割を占める29.7%が「二人の大切な記念日だから」と回答。その他、「季節のイベント」17.8%、「どちらかの誕生日」13.9%など、意外と「女子力が高い」理由でプロポーズをしている傾向が見られる結果となりました。中でも、男女別にみると「二人の大切な記念日だから」と回答したのは、男性が31.7%と、女性の22.1%を大きく上回っています。(参考:Q3)

 ■プロポーズをしたシチュエーションの「女子力」が昨年に比べて急上昇!昨年、全体の約4割を占めていた「お家プロポーズ」は、今年は約2.5割ほどに減少!
昨年は、「自宅で二人きり」の「お家プロポーズ」が、全体の約4割を占めていたのに対し、今年は約2.5割ほどに減少しました。その代わり、今年は「二人の思い出の場所」や「ホテルやレストラン」、「夜景が見える場所」など、プロポーズをしたシチュエーションにおいても「女子力が高い」回答が目立つ結果となりました。(参考:Q4)

■全体の7割以上が付き合い始めて3年以内に結婚を決意!なぜその交際期間で結婚を決めたか?という問いに対しては、男性は「女子力が高い」回答が目立ち、女性は「現実的」な意見が目立った。
付き合いはじめてから、どのくらいの期間で婚約しましたか?という質問に対して、「3年以内」と回答したのが36.6%、「1年以内」が24.2%、「半年未満」が14.8%、「5年以内」が12.9%、「10年以内」9.7%、「11年以上」1.7%と回答し、7割以上が3年以内に結婚を決意していることがわかりました。なぜその交際期間で結婚・婚約を決めましたか?という質問に対しては、男性は「フィーリングが合えば交際期間は関係ない」31.7%、「結婚には勢いが必要」15.5%など、「女子力が高い」回答が目立ち、女性は逆に「結婚する覚悟が決まった頃だと思うから」17.2%など、女子力ではなく「現実的」な意見が目立つ結果となりました。(参考:Q5.6)

 ■男性は太っ腹、女性は遠慮がち?!プロポーズの予算が「20万円以上」が理想との回答は、男性は65%なのに対し、女性は46.8%にとどまる。
婚約指輪を含む、プロポーズの予算の上限は、いくら位が理想だと思いますか?という質問に対し、「20万円以上」と回答したのは、昨年が58.5%だったのに対し、今年は55%と、全体としては予算が微減しています。ただ、男女別にみると「20万円以上」の予算が理想だと回答した男性は65%と、女性の46.8%を大幅に上回りました。(参考:Q7)

■女子力が高い男性が急増中!全男性の過半数は「女子力男子」だった!?
男性の中で「女子力男子診断※1」の結果に基づき、女子力レベルを4つに分けたところ、82%の男性が女子力レベルが2以上であることがわかりました。また、一般的に「女子力男子」とされるレベル3以上は52%と、男性のうち「女子力男子」は過半数を占める結果となりました。

 ■「女子力男子」はプロポーズにかける予算が多く、結婚後の家庭も円満!結婚するなら、記念日を大切にし、家事や育児にも協力的な「女子力男子」がおススメ!?
各回答を「女子力男子レベル別」に見てみると、男性の女子力レベルが高ければ高いほど、プロポーズの予算の上限が高くなり、また、現在の結婚生活は「とても円満」だと答える割合が高くなり、男性の育児や記念日を大切にすることが、結婚生活を円満に過ごすために必要だ、と答える割合が高くなるという結果となりました。
【各回答の設問内容】
プロポーズの予算(指輪を含む)の上限はいくらぐらいが理想だと思いますか? /現在の結婚生活は円満ですか?/結婚生活を円満に過ごすには、何が必要だと思いますか?(参考:Q7.9.10)

 ■プロポーズしたい/されたい有名人 男性は西島秀俊さんが初のトップ!女性は昨年までV2だった新垣結衣さんを僅差で押さえ、有村架純さんに!
女性に対して、プロポーズされたい有名人(芸能人・スポーツ選手)は誰ですか?と質問したところ、昨年末「日本中の女性が悲鳴を上げた」と16歳年下の一般女性と電撃結婚が報じられた西島秀俊さんが、昨年のランキング5位からジャンプアップして、トップを獲得しました。また、男性に対してプロポーズしたい有名人(芸能人・スポーツ選手)は誰ですか?と質問したところ、昨年までV2だった新垣結衣さんを僅差で制したのは、最近ドラマやCM、映画での活躍が目覚ましい有村架純さんとなりました。(参考:Q11.12)

■プロポーズが凄そう・こだわりを持っていそうな芸人は、アンジャッシュ渡部さん。自分の結婚式を演出して欲しい有名人は「両性の気持ちがわかるのでは」とマツコ・デラックスさん。いずれも「女子力」には定評が!
家電芸人、サッカー芸人、料理芸人…等、その分野にあかるい芸人さんのことを言いますが、プロポーズが凄そう・こだわりを持っていそうなプロポーズ芸人は誰だと思うか聞いたところ、アンジャッシュの渡部さんが堂々の1位を獲得。また、自分のプロポーズを演出して欲しい有名人として、スポーツ界からは松岡修造さん、演劇界からは宮藤官九郎さん、音楽界からはトータス松本さん等、各界からの強豪を押さえてマツコ・デラックスさんがトップを獲得しました。(参考:Q13.14)

※1:「女子力男子診断」調査概要
調査期間、調査対象は第8回プロポーズに関する実態調査と同じ。
各設問の中で選んだ回答を、女子力が高いもしくは低い回答に分類し、最終スコアを女子力男子診断の結果として採用。「流行に影響されやすい」「料理のレパートリーが多い」など、男性の傾向を含めた設問に加えてプロポーズに関する実態調査の回答をしていく上で、より自然な形で女子力を診断。

≪調査概要≫
調査名:第8回プロポーズに関する実態調査
調査対象:男女595名(直近1年以内にプロポーズまたは入籍した20~30代男女)
実施期間:2015年5月1日(金)~7日(木)
実施機関:GMOリサーチ株式会社 インターネットリサーチ(登録モニターに対するインターネットによるアンケート調査)

 ※ご注意事項
本ページに含まれる調査結果をご掲載いただく際は、必ずブライダルリング専門店「アイプリモ調べ」とご明記下さい。

【本件に関する報道関係の方からのお問合せ先】
プリモ・ジャパン株式会社
広報担当:佐久間 千春(さくまちはる)
〒104-0061東京都中央区銀座3-15-10 菱進銀座イーストミラービル6F
Tel. 03-6226-6264 Fax. 03-6226-6269 E-mail pr@primojapan.co.jp
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. プリモ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 【プロポーズに関する実態調査2015】「3高」「3低」「3平」は、もう古い?!いま結婚すべきは「女子力男子!」