Hotels.com、2014年上半期 訪日外国人の人気滞在先を発表

~不動のTOP3に加え、沖縄の人気が高まる~

main image
オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com®は、同社が独自に世界の主要都市にあるホテル宿泊料金を定期的に調査するHotel Price Index(以下、HPI)の2014年度版上半期(1月~6月)の調査結果発表に先駆け、同年訪日外国人旅行者の人気滞在先TOP20を公開しました。


■不動のTop3(東京・大阪・京都)に加え沖縄がランクアップ
Hotels.comが2014年上半期版HPIにおいて公開する、訪日外国人旅行者の人気滞在先ランキングでは、東京・大阪・京都がTOP3となっています。TOP3以外の都市においては、沖縄の恩納の実績が昨年13位から6位に上がったほか、那覇、北谷、名護も昨年同時期のランキングを上回る結果となっており、沖縄の人気が高まっています。また、成田、泉佐野(関西国際空港)などは、早朝・深夜発着便を利用する旅行者が空港付近のホテルにて宿泊していると考えられます。

JNTO(日本政府観光局)の発表によると、2014年上半期の訪日外国人旅行者数は過去最高であった昨年のペースをさらに上回る実績で推移。東南アジア諸国の査証緩和措置や各航空会社による座席供給量の拡大が増加の要因であると分析しされています。


■Hotels.comについて
Hotels.com (http://jp.hotels.com) は、国際的ホテルチェーンからオールインクルーシブリゾート、B&Bまで、世界の約325,000軒以上の施設予約と情報提供を行う世界最大手のオンライン宿泊予約サイトでHotels.com, L.P.が運営しています。業界最多の宿泊施設を提供するサイトのひとつでもあり、顧客へのセール、お得情報やプロモーションの提供を行っています。そして、ニュースレターによる割引特典や事前セール情報などの最新情報も提供しています。また実際に宿泊されたお客様によるユーザーレビュー1,100万件の情報を参考に予約の検討ができます。さらに、10泊すると1泊無料となる特典プログラム「Welcome Rewards」は世界100,000万軒以上から選ぶことができます。価格保証プログラムを採用しており、別サイトでより安い料金が提示されている場合、その差額を払い戻します。日本語版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じてホテルを予約も可能です。モバイルおよびタブレット用アプリはhttp://jp.hotels.com/otoku-joho/mobile_jp/ より ダウンロードでき、外出先からも20,000軒の直前割引情報を確認することができます。Hotels.comのFacebookは、facebook.com/Hotels.comJapan、そしてTwitterは@Hotels_com_JPです。
Hotels.com L.P.はオンライン旅行会社の世界最大手の一つであるExpedia Inc. (NASDAQ:EXPE)の子会社です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Hotels.com
  4. >
  5. Hotels.com、2014年上半期 訪日外国人の人気滞在先を発表