[速報-2016年第3四半期]世界の不動産投資額、前年同期比5%減の1,630億ドル   日本は13%減の78億ドル(円建てで19%減の8,870億円)

2016年10月18日 東京‐総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、最高経営責任者(CEO)兼プレジデント: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)がまとめた投資分析レポートによると、2016年第3四半期の世界の商業用不動産投資額は、速報ベース※1で前年同期比5%減の1,630億ドル※2、2016年1-9月の投資額は、前年同期比8%減の4,540億ドルとなりました。

日本の2016年第3四半期の投資額は、前年同期比13%減の78億ドル(円建てでは前年同期比19%減の8,870億円※3)となりました。また、2016年1月から9月までの投資額は前年同期比12%減の249億ドル(円建てでは前年同期比18%減の2兆7,900億円)となりました。

JLLは、2016年の世界の商業用不動産投資額の見通しを6,100-6,300億ドルとしています。

世界の商業用不動産投資をまとめたレポート(確報)、並びに日本の不動産投資に特化した分析レポート「ジャパン キャピタル フロー (Japan Capital Flows)」は、10月下旬に発行予定です。

ハイライトは以下のとおりです。
  • ŸŸ2016年第3四半期の世界の投資額は、前年同期比5%減の1,630億ドルとなった。2016年1-9月の投資額は、前年同期比8%減の4,540億ドルとなった。
  • 2016年第3四半期のアメリカ大陸は、投資活動が回復し、前年同期比2%増の780億ドルとなった。EMEAの投資額は、前年同期比16%減の530億ドルとなり、3地域の中で唯一投資額が減少した。主な要因はロンドン市場の減速で、現地通貨で30%減となっている。アジア太平洋地域の投資額は、前年同期比3%増の320億ドルとなった。中国市場が活発だった一方、日本とオーストラリアは市場案件の不足により取引額は減少している。
  • 日本の2016年第3四半期の投資額は、前年同期比13%減の78億ドル(円建てでは前年同期比19%減の8,870億円)となった。2016年1月から9月の投資額は、前年同期比12%減の249億ドル(円建てでは前年同期比18%減の2兆7,900億円)となった。

    日本国内の商業用不動産に対する投資意欲は国内外投資家を含め非常に高いものの、現実の取引市場での売り物件供給が減少しており、また市場に出たとしても売買当事者の希望価格の乖離により取引に至らないケースも見られている。マイナス金利導入以降、金融機関の貸出意欲は高まっており、物件保有者をしてリファイナンスを容易にせしめる環境もこれに影響を及ぼしているものと考えられる。

    マイナス金利の恩恵をストレートに享受したJ-REITが再び取得額を拡大させており、第3四半期末時点で、年初からの全体投資総額の約半分をJ-REITが占める状況となっている。また、今後の市場成長が期待される物流施設やホテルに対する投資額が増加していることも特徴として挙げられる。
  • 2016年通年の世界の商業用不動産投資額は、6,100-6,300億ドルと予測している。

 
JLLリサーチ事業部長 赤城威志は次のように述べています。
「投資市場においては、物流施設・ホテル等、オフィス以外のアセットクラスが台頭してきており、市場全体の多様性が広がっています。しかし、投資需要自体は引き続き極めて高い状態にあるものの、物件の市場供給が限定的な状況が続いています。2016年も最終第4四半期を残すのみとなりましたが、JLLでは通年での不動産投資額は昨年比10-15%減の3.5-3.7兆円程度となるものと予測しています」


図表1:日本国内商業用不動産への直接投資額



【補足】
※1 速報値であり、今後変更になる場合があります。
※2 通貨単位は、別途記載がない限りすべて米ドルとします。
※3 2016年7月から9月における平均為替レートを採用(1ドル=113.64円)


この投資分析レポートは、世界における不動産投資マネーの動きを解説するレポートで、四半期ごとに刊行しています。その他世界の最新の不動産データと詳細は、当社ホームページをご覧ください。
www.joneslanglasalle.co.jp (レポートは英語のみ)


JLLについて
JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、包括的な不動産サービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。世界80ヵ国、従業員約60,000名、280超拠点で展開し、年間の手数料収入は約52億米ドル、総売上高は60億米ドルに上ります。2015度は、プロパティマネジメント及び企業向けファシリティマネジメントにおいて、約3億7,200万㎡(約1億1,200万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,380億米ドルの取引を完了しました。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、総額591億米ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。

JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ国、92事業所で34,000名超のスタッフを擁しています。JLLは、2016年インターナショナル・プロパティ・アワード・アジア・パシフィックにて、合計15の賞を受賞しました。2015年ユーロマネー・リアル・エステート・アワードでは、最優秀リアル・エステート・アバイザーに選出されました。詳細な情報はホームページをご覧下さい。www.joneslanglasalle.co.jp

 
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジョーンズ ラング ラサール株式会社
  4. >
  5. [速報-2016年第3四半期]世界の不動産投資額、前年同期比5%減の1,630億ドル   日本は13%減の78億ドル(円建てで19%減の8,870億円)