世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催



ハウステンボス株式会社(代表取締役社長 澤田秀雄)と国内最大規模のドローンレースを主催する一般社団法人日本ドローンレース協会(代表理事 小寺悠)は、日本初の夜間ドローンレース『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を2017年2月に開催します。LEDが煌めくドローンが、観光客で賑わう世界最大のイルミネーション会場を舞台に、最高速度150km/hに達するほどの高速かつ緻密な飛行で激しいレースを繰り広げます。また、夜空から光に彩られた美しい街並みをドローンで写す「LEDイルミネーション空撮コンテスト」なども開催します。このたび、広大なテーマパークとドローンレース運営ノウハウという日本トップクラスの両者の強みを組み合わせ、日本初となる新しいジャンルの激光エンターテインメントを演出します。

【開催概要】

大会名: Japan Drone Championship in HUIS TEN BOSCH
主催:ハウステンボス株式会社、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
日時:2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
場所:ハウステンボス(長崎県佐世保市)
内容:1.全国ドローンレース選手権上位入賞者を招待したFPVレーシング
2.目視飛行レーシング
3.LEDイルミネーション空撮コンテスト
参加対象:FPVレーシング、目視飛行レーシング、空撮コンテストはそれぞれ一般参加が可能。  エントリーについては、後日JDRA公式HP(http://jdra.or.jp)にて告知します。

【新スポーツ ドローンレースとは?】時速150kmを超えるドローンが、コースを駆け巡り、ヘッドマウントディスプレイ(FPVゴーグル)を装着したパイロットがスピードを競う新しいスポーツ。ドローンが生み出す「音」と「光」と「映像」は見たことのない感動を呼び込む、エキサイティングな近未来型エンターテインメントです。
 


※一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)が主催した日本で最大規模となる「Japan Drone Nationals」は観客動員約2000人

【日本初!夜間LEDドローンレース】

2016年12月11日(日)に日本ドローンレース協会(JDRA)が主催する「全国ドローンレース選手権」における上位入賞者を完全招待し、メインステージとしてハウステンボス内の豪華なLEDイルミネーションをコースとしたドローンレースを開催します。
夜間におけるLEDコースで行うドローンレースは日本で初めてとなり、また「観光都市✕ドローン」という、ドローンのさらなる可能性を追求し、新しいエンターテインメントを提供いたします。今回のドローンレースイベントはどなたでも観戦可能です。
 


※ドローンレースのコースイメージ

【世界最大級のLEDイルミネーションの空撮コンテスト】

ハウステンボスのイルミネーションは1300万球ものLEDを用いた世界最大級の輝きを誇ります。空撮用カメラを搭載したドローンを用いて、ハウステンボス内のアトラクション・エリアの空撮を行います。
 パイロットは、映像の加工編集を行った上で、空撮動画のコンテストを行います。コンテストで優秀な成績を得られた場合、ハウステンボスのプロモーション動画やCMでの採用も検討しています。
 

 

                 <ハウステンボス「光の王国」>


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ハウステンボス株式会社
  4. >
  5. 世界最大「光の王国」×日本初「夜間ドローンレース」の饗宴『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』を開催