ヴィンテージ:ファッションや家具には魅力的だが、 ソフトウェアには無用

最近のエフセキュアの調査では、10社中4社の中小中堅企業が古いソフトウェアを使用していることを報告しており、データ漏洩に対し無防備な状態にあります。
ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳

なんらかの商品を購入して、長い期間保管しておけば、それはやがてヴィンテージ化します。粋で独特の味を出し、過ぎ去った日々へと時間を戻してくれるヴィンテージは、ファッションや家具、車にとっては魅力的でも、商用ソフトウェアにとって古いということはセキュリティリスク以外の何物でもありません。エフセキュアの調査では、多くの企業が古いソフトウェアを使用することで会社の資産を大きな危険にさらしていることがわかっています。

94%の中小中堅企業は、ソフトウェアを常に最新の状態にしておくことが重要であると考えています。しかし、現実にはそのようになっていません。自社のソフトウェアが常に最新の状態であると答えた企業はわずか59%、ソフトウェアを最新の状態に保つのに充分なリソースがあると答えた企業はわずか63%にすぎません。

ソフトウェアを最新の状態に保つことは、ビジネスでのセキュリティ全体において非常に重要な要素の1つです。古いソフトウェアには、サイバー犯罪者が企業ネットワークへの侵入経路として悪用可能なセキュリティ上の欠陥が潜んでいます。エフセキュアラボが検出したマルウェアトップ10の70%から80%は、ソフトウェアを最新の状態にしておけば防ぐことができたものです。

ソフトウェアアップデートは長時間を費やす

企業は、ソフトウェアのアップデートに1週間当たり平均11時間の時間を費やしていると報告しています。企業の規模が大きくなるほど、その時間は増えています。従業員数50人未満の企業では、1週間当たりの平均時間が3時間であるのに対し、従業員数が250人を超える企業ではこの時間は15時間以上になります。

エフセキュアのコーポレートセキュリティ担当バイスプレジデント、ペッカ・ウスヴァは次のように述べています。「アップデートに企業が費やす時間については、ほんの氷山の一角に触れるだけですが、ありがちな誤解として、問題がOSにあると認識されていることが挙げられます。しかしそれは誤りです。OSは、十分にメンテナンスが施され、アップデートが行われています。深刻なのは、企業や個人が使用するサードパーティのアプリケーションなのです。いくつか例を挙げるとSkype、Adobe Reader、さまざまなプラグイン機能を持つブラウザ、Javaなどが該当します。皆様はご自分のデバイスに何がインストールされているかをご存知でしょうか。」

一方、古いソフトウェアに潜む脆弱性を狙ったサイバー攻撃は増え続けています。そして、新種の脅威というのは、数日や数週間ではなく、秒単位で作成されています。

従業員が個人所有のソフトウェアを使用

現在では従業員は個人所有のデバイスを持ち込んでおり、調査を行った企業の約半数は従業員による個人所有のソフトウェアの使用も容認しています。企業の規模が小さいほど、この傾向は顕著になります。従業員数が50人未満の企業の56%が容認しているのに対し、従業員数が250人を超える企業で容認しているのは39%です。また、フィンランド(53%)、スウェーデン(59%)では比較的高い割合で容認され、ポーランド(30%)やフランス(36%)では、容認度が低くなっていることが報告されています。

67%の企業では、個人所有のソフトウェアを使用する従業員は、自分たちでアップデートを行わなければなりません。しかし、個人がソフトウェアを常に最新の状態にしている保証はないため、これはリスクの高いポリシーということになります。従業員数が50未満の企業では、81%の従業員がアップデートを自分で責任を持って実施しなくてはなりません。また、企業の30%はMicrosoftのアップデートにしか対応していません。

ソフトウェア アップデータ : ソフトウェアを最新の状態に保つ、従来とは異なる最新の方法

ウスヴァは、企業のすべてのコンピュータとデバイスのソフトウェアすべてを最新の状態に保つ方法は、そのプロセスを自動化するほかないと語ります。「ソフトウェアメーカーは週ベースで、または長くても月ベースでアップデートのリリースを行います。これらのアップデートを手動で行おうとするのは、負け戦に挑むようなものです。ソフトウェア アップデータの自動化機能に全社的なセキュリティアップデートをすべて任せることで、貴重な時間やリソースを他の作業に充てることができるようになります。」

ソフトウェア アップデータはエフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)の機能の1つです。ソフトウェア アップデータを使えば、企業は従業員がインストールしたソフトウェアでも、常に最新の状態に保つことができます。プロセス全体を自動で完結することができるのです。ソフトウェア アップデータは、ソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃から企業ネットワークを保護するために役立ちます。また、ソフトウェア アップデータはエフセキュアのその他の法人向け製品にも利用可能です。

ヴィンテージは、ファッションだけに留めておきましょう。昨日のソフトウェアは今日の時間や費用の無駄であり、明日の信頼や重要なデータ喪失のリスクとなります。

* エフセキュアの2014年デジタル企業調査は、8カ国(ドイツ、イタリア、フランス、英国、スウェーデン、フィンランド、ポーランド、アメリカ合衆国)で1~500名の従業員(平均200名)を有する企業を対象にWebインタビューを実施しました。同調査は2013年11月に実施されました。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エフセキュア
  4. >
  5. ヴィンテージ:ファッションや家具には魅力的だが、 ソフトウェアには無用