アラサーOL1000人調査! 【通勤服の悩み】第1位は「同じような印象になる」

《着まわし3倍増》朝がラクになる脱・マンネリコーデ術を特集!

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行するファッション雑誌『steady.(ステディ.)』は、7月号(2015年6月5日発売)にて、「通勤服の脱・マンネリコーデ」を特集します。

 

 

 『steady.』は30歳前後の働く女性をターゲットに、通勤服、仕事、恋愛といったアラサーOLの今知りたい情報を提案したり、身近な疑問などを解決していくファッション雑誌です。7月号では、通勤服にまつわる悩みを調査しました。アンケート結果によると、1位は「同じような印象になる」(28%)、2位は「着まわしがうまくできない」(20%)、3位は「似た色ばかりを買ってしまう」(19%)と、“ファッションのマンネリ化”で悩んでいる人が多いことがわかりました。そこで今号では、色・コーディネイト・アイテムの3タイプのお悩みに分けて、マンネリを解消する着こなし術を特集。“ふんわりスカート”や“ワンピース”などOLに人気の高いアイテムを、誰でも簡単にできるテクニックでいつもと違う印象を与えるコツなどを提案しています。詳細は、『steady.』7月号に掲載しています。見本誌もご用意しますのでお気軽にお問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。
【ふんわりスカート×シフォンブラウス】
●トップスをコンパクトに見せる
●柄を取り入れる
●いつもと違うテイストの小物を投入する 

 

【カーディガン×ワンピース】
●カーデの着方に変化をつける
●インナーに色や柄を入れる
●ウエストマークする 

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 宝島社
  4. >
  5. アラサーOL1000人調査! 【通勤服の悩み】第1位は「同じような印象になる」