フリースケール、12月4日(木)に 「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014」を開催決定

世界的組込みプロセッシングのリーディングカンパニーが 総力をあげてモノのインターネット化の世界を提案するイベント

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社は、業界最大規模のプライベート・ショーである「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014」を、12月4日(木)にグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区高輪3-13-1)にてあらためて開催することを決定いたしました。本イベントは当初10月6日に開催を予定していましたが、台風の影響により中止したもので、参加予定のお客様、関係各社の皆様からの強いご要望にお応えしたものです。
「The IoT Experience」 をメインテーマとして、モノのインターネット化(Internet of Things = IoT)のもたらす世界の変革を来場者に体験して頂けるアイデアを集約したイベントです。

30コマ以上のテクニカル・セッションでは最新の技術トレンドや製品の知識を得られます。広大なスペースに展開されるテクノロジ・ラボは、フリースケールとパートナー企業によるエコシステムの成果を展示します。マイクロコントローラ、マルチメディア・プロセッサ、通信プロセッサ、センサ、アナログ、RFといったフリースケールの最新製品群をご覧になれます。また、テクノロジ・ラボの一部には「IoT CITY」と題した特別展示コーナーを設けています。IoTの具現化を提案し続けるフリースケールは、エッジ・ノード・デバイスからゲートウェイ、更にはクラウド・コンピューティングに至るまでのエンド・ツー・エンドのソリューションを提供できる数少ない会社です。ぜひIoTによる世界のスマート化を体験して下さい。

【「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン(FTF Japan)2014」開催概要】
• 日時: 2014年12月4日(木)/10:00 ~18:30 (受付開始 9:00)
• 会場: グランドプリンスホテル新高輪「国際館パミール」
東京都港区高輪3-13-1 TEL:03-3442 -1111 http://www.princehotels.co.jp/newtakanawa/access/
• 登録: http://www.freescale.com/ftfj
※10月6日(月)のイベントへ登録いただいたお客様は、再登録の必要はありません。

【イベント概要】
• 30コマ以上のテクニカル・セッションによって、最新の技術トレンドやフリースケール製品の知識を得られます。
• 都内最大級のフロアを全面使用したテクノロジ・ラボは、フリースケールとパートナー会社による最新のデモンストレーションに直接触れて頂ける最良の機会です。
• IoTの事例を現実に体験できる、「IoT CITY」特設コーナーをテクノロジ・ラボ内に設置しています。
• フリースケールの経営陣と業界のオピニオン・リーダーによる基調講演を聴講いただけます。
• プライベート・イベントならではの、クローズド空間でのディスカッションや商談の機会を設けられます。

【基調講演ゲストスピーカー】
トヨタ自動車株式会社
ユニットセンター副センター長、モータースポーツユニット開発部、統括取締役・専務役員
嵯峨 宏英 氏
講演テーマ 「トヨタのHV開発マネジメント」
トヨタはハイブリッド車(HV)をエコカー開発に必要な全ての要素技術を含み、様々な燃料と組合せが出来る「環境コア技術」として開発を行ってきました。HVを構成するユニットやシステムの制御には幅広い専門技術が求められるとともに、目標をやり切り、全体最適を達成するマネジメントが重要になります。HV技術の進化とともに、トヨタグループが一体となった開発の取り組みについて紹介いたします。

フリースケール・テクノロジ・フォーラムについて
フリースケール・テクノロジ・フォーラム (FTF) は、組込みプロセッサの世界的リーダーが開催する業界最大規模のプライベート・ショーです。最先端テクノロジを解説するテクニカル・セッションと、フリースケールおよびエコシステム・パートナー各社との技術交流の場として提供されるテクノロジ・ラボを組み合わせた構成によって毎年来場者より高い評価を得ています。
事前登録とイベント詳細は、http://www.freescale.com/ftfj をご覧ください。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、http://www.freescale.com/(英語)、またはhttp://www.freescale.com/ja/(日本語)をご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
©2014フリースケール・セミコンダクタ・インク
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. フリースケール、12月4日(木)に 「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014」を開催決定