第20回手塚治虫文化賞マンガ大賞最終候補 に7作品が決定しました

結果発表は4月下旬

「手塚治虫文化賞」は、手塚治虫氏の業績を記念し、氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設しました。第20回となる同賞のマンガ大賞に、7作品が最終候補作品としてノミネートされましたのでお知らせします。
最終候補作品 (作品名は50音順、敬称略)
『 orange 』 高野 苺/双葉社 <書店員、マンガ関係者推薦 1 位>
『 ゴールデンカムイ 』 野田 サトル/集英社
『 孤独のグルメ 』 漫画:谷口 ジロー 原作:久住 昌之/扶桑社
『 ちはやふる 』 末次 由紀/講談社
『 蝶のみちゆき 』 高浜 寛/リイド社
『 鼻紙写楽 』 一ノ関 圭/小学館
『 よつばと! 』 あずまきよひこ/KADOKAWA
 

選考委員は、あさのあつこ(作家)、里中満智子(マンガ家)、中条省平(学習院大学フランス語圏文化学科教授)、中野晴行(まんが編集者)、南信長(マンガ解説者)、みなもと太郎(漫画家・マンガ研究家)、ヤマダトモコ(マンガ研究者)の各氏と、弊社の取締役編集担当、 文化くらし報道部長です。また今回から新たに俳優の杏さんが選考委員に加わりました。


最終選考会を開き、4月下旬の朝日新聞紙面で結果を発表する予定です。贈呈式と20回を記念したイベントは、5月29日(日)に東京・有楽町朝日ホールにて行います。
手塚治虫文化賞のホームページはこちらです。http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社朝日新聞社
  4. >
  5. 第20回手塚治虫文化賞マンガ大賞最終候補 に7作品が決定しました