~電子書籍を身近なものに~ eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定

main image
国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、略称eBookJapan)は、『電子書籍を身近なものに』することを目指して、7インチのAndroidタブレット端末を12月中旬頃より発売することを決定致しました。

eBookJapanは、2000年創業の電子書籍業界における老舗企業です。当社では、出版社出身で創業者(現会長)の鈴木雄介が打ち立てた「電子書籍でマンガを読む時代が来る」、「手のひらの図書館」(売筋だけを扱うのではなく、これまで生み出されてきた作品をすべて丁寧に扱っていこう。しかも手のひらにのる手軽な読書端末で。)という創業時の思いに忠実に、マンガを中心にコンテンツを増やしてまいりました。その思い通り、電子書籍市場はマンガを中心に拡大し、2011年度629億円の市場規模のうち、8割の514億円をマンガが占めております。(出典: 株式会社インプレスR&D社刊 『電子コミックビジネス調査報告書2012』)

近年、著者や出版社の電子書籍に対する取り組み方針がとても積極化しており、当社のマンガ配信冊数もかつてないペースで増えております。eBookJapanは、著者・出版社から「マンガを売らせたら右に出る電子書店は無い!」と高く評価されているため、いち早く電子書籍の許諾を受けることができており、本年5月には業界に先がけてマンガ5万冊のラインナップを達成し、現在5万6千冊を超える世界最大級のマンガ保有数となっています。

当社ではこれを『電子書籍を身近なものに』する好機ととらえ、eBookJapanオリジナルの7インチAndroidタブレット端末を発売することといたしました。これにより、紙のコミックスの大きさに近い7インチで、マンガをお楽しみ頂けるようになります。さらに、カラー原稿をカラーで再現できるように液晶画面を採用しましたので、マンガのカラーページや写真集なども存分にお楽しみ頂けます。価格は未定ですが、『電子書籍を身近なものに』できるよう、手頃な価格を設定する予定です。

当社代表取締役社長の小出斉は次のように述べています。「当社は、創業以来の志として、『電子書籍を身近なものに』すべく取り組んでまいりました。そのためには、①豊富な品揃え、②楽しい蔵書管理、③手頃な端末が必要と考えています。①はダントツのマンガに続いて小説や雑誌に拡げる準備を進めていますし、②では「トランクルーム」という名称の電子書籍のクラウドサービスを2007年から提供しています。そして③は、パナソニックから送り出して頂いたΣBook以来、手頃な端末をずっと追い求めてまいりました。このたび7インチのAndroidタブレット端末を発売することで、『電子書籍を身近なものに』の完成に大きく近づくこととなります。」

eBookJapanの新しい時代を創り出す取り組みにご期待ください。

■eBookJapanの主な特長
<世界最大級の電子マンガ保有数>
マンガを中心に約65,000冊(内マンガ 56,000冊、マンガ以外 9,000冊)の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※)に対応し、オフラインでも楽しめます。
Appleから近日発売予定のiPad miniでもeBookJapanの豊富なラインナップがお楽しみいただけます。

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、購入された電子書籍を保管するために自由に使用できるWeb上のお客様の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。※2007年10月より世界初の電子書籍をクラウド上で預かるサービスを開始。
※ Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応

■株式会社イーブック イニシアティブ ジャパンについて
「Save trees!」を合い言葉に地球環境保護の理念を掲げて2000年に創業した電子書籍業界の老舗です。電子書籍販売サイトeBookJapanを運営しています。2011年には東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。(コード: 3658)

電子書籍販売サイト: eBookJapan (http://www.ebookjapan.jp/ebj/)
コーポレートサイト: http://corp.ebookjapan.jp/


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンの歴史
1998年4月  創業者鈴木雄介が、(株)小学館勤務時代、電子書籍コンソーシアムを結成し、
      衛星配信による電子書籍の「ブックオンデマンド」の実験を実施(2000年3月実験終了)。
2000年5月  鈴木が、㈱小学館を退社し、株式会社イーブックイニシアティブジャパンを創業。
2001年10月 手塚プロダクションとの契約締結。
2003年10月 鈴木が、発起人代表として電子書籍ビジネスコンソーシアムを設立し、副会長に就任。
      松下電器産業(現パナソニック)の電子書籍専用端末「ΣBook」事業に協力。
2004年1月  鈴木著書『eBook時代はじまる! -「電子の本」が変える読書革命 -』発売
2007年10月 トランクルームサービスを開始。(世界初の電子書籍をインターネットで預かるサービス)
2010年4月  鈴木が取締役会長に、小出斉が代表取締役社長に就任。
2011年10月 東証マザーズ上場

■代表者プロフィール
代表取締役社長 小出 斉(こいで ひとし)

1993年 東大経卒。三菱重工業、A.T.カーニー、
ボストンコンサルティンググループなどを経て、
2009年イーブックイニシアティブジャパン副社長。
10年から代表取締役社長(現職)。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン
  4. >
  5. ~電子書籍を身近なものに~ eBookJapanがタブレット端末を近日発売 12月中旬頃発売予定