日本女子プロ野球リーグ2015年度リーグ新体制発表!

〜新たな体制で地域密着型の球団体制へ〜

日本女子プロ野球リーグから2015年度のリーグ新体制について発表いたしましたので、お知らせいたします。
main image
日本女子プロ野球機構(本拠地:京都)が運営する「日本女子プロ野球リーグ」から、2015年度の新たなリーグ体制についてお知らせいたします。
http://www.jwbl.jp

2015年度シーズンは、各球団が今までより一層地域に密着し、地元住民の方々と共に創り上げる女子プロ野球リーグを目指して、活動拠点を新たに、リーグ体制を一新いたします。
ディオーネの活動拠点を兵庫県淡路市へ、レイアの活動拠点を宮城県へ移し、球団活動拠点の地名を球団名に付け、
京都フローラ、埼玉アストライア、兵庫ディオーネ、東北レイアと球団名を一新いたします。

より地域の方々から応援いただける球団運営を行ってまいります。

また、女子プロ野球リーグの競技レベル向上と育成を目的に、宮城に拠点を置く東北レイアについては、高卒ルーキーなどの若手選手を中心に、育成チームとしての環境を整え活動いたします。
東北の地に女子野球を根付かせ、将来TOPリーグに再び参戦する球団となるよう運営してまいります。

<公式戦について>
公式戦日程を前期と後期に分け、前後期制で試合を実施。フローラ、アストライア、ディオーネの3チームで戦います。
さらに2015シーズンは、前期と後期の間でオールスター戦を実施します。年間通じて約60試合を予定しており、開幕戦は3月末に実施予定となります。

<優勝の決定>
前期優勝チームと後期優勝チームが女王決定戦3試合を行い、2戦先勝したチームが年間女王(総合優勝)となります。
(※前期優勝チームと後期優勝チームが同一の場合は、勝率2位のチームが女王決定戦進出となります。)

3月にキャンプを各球団で実施。レイアはフローラと合同で実施予定です。

また、新チーム体制も決定いたしました。
フローラの監督には、同チームでコーチを務めた新原千恵が、コーチには楽天や巨人で活躍した朝井秀樹が就任いたしました。

アストライアの監督は今シーズンに引き続き川保麻弥が、コーチには辻内崇伸と今シーズンにレイアのコーチを務めた古川修平が就任。投手陣、打撃・守備力の全体のパワーアップを目指したチーム体制となっております。

ディオーネの監督には、今シーズン引退を表明した碇美穂子が、コーチには2013年まで女子プロ野球選手として京都アストドリームスやアストライアで活躍していた大倉三佳が就任。

レイアの監督は今シーズンに引き続き河本悠が、コーチには今シーズン引退を表明した滝澤彩が就任いたします。

<新チーム体制はこちら>
◆京都フローラ http://www.jwbl.jp/westflora/
◆埼玉アストライア http://www.jwbl.jp/eastastraia/
◆兵庫ディオーネ http://www.jwbl.jp/southdione/
◆東北レイア http://www.jwbl.jp/northreia/

2015年度も日本女子プロ野球リーグに温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 わかさ生活
  4. >
  5. 日本女子プロ野球リーグ2015年度リーグ新体制発表!