2016年夏、「インディ・ジョーンズ」と「E.T.」がコンサートになって日本初上陸!映画界の巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽を100名のフルオーケストラで生演奏!

2016年夏、「インディ・ジョーンズ」と「E.T.」がコンサートになって日本にはつ上陸することがわかった。スクリーンに映し出される映画全編にあわせて、映画界の巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽を100名のフルオーケストラで生演奏!それは、まるで感動の宇宙!

映画全編をオーケストラの生演奏で見るという大好評コンサートに新シリーズが登場!

2015年は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ゴッドファーザー」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」などがコンサートとして上演され話題をよんだシネマオーケストラシリーズ(通称シネオケ)。今年2016年は、“ジョン・ウィリアムズイヤー”と題し、スティーヴン・スピルバーグのSFアドベンチャー/ファンタジーを創り上げた映画音楽の第一人者、ジョン・ウィリアムズに焦点を当てたコンサートが開催される。その第1弾となるのは、ジョージ・ルーカス発案、スティーヴン・スピルーグが監督を務めるアドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ』。主人公の考古学者、インディアナ・ジョーンズの大冒険を描き、新作が公開されるたびに世界中で大ヒットを記録してきた人気作から、2016年公開35周年を記念してシリーズ1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年公開)を届ける。

第2弾はジョン・ウィリアムズがアカデミー賞、グラミー賞で「作曲賞」を受賞した名作SF映画「E.T」(1982年公開)が披露される。100名のフルオーケストラの演奏で届けられる、映画の魅力を引き出す巨匠の素晴らしいサウンドをたっぷりと味わって欲しい。

東京公演は、8月5日(金)〜7日(日)東京国際フォーラム・ホールA
大阪公演は、8月12日(金)フェスティバルホールで開催。
昨年「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサートで来日し、人気を博したオーストラリア人の指揮者ニコラス・バックが東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)と大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪公演)を指揮する。先行販売は、2月6日(土)午前10時より各プレイガイドにて一斉スタート。詳しくは公式HPにて(http://jw2016.jp

 

<公演情報>

〈東京公演〉
■『インディ・ジョーンズ』inコンサート 

8月5日(金) 19:00開演(18:00開場)
8月6日(土) 17:30開演(16:30開場)

■『E.T.』inコンサート
8月6日(土) 12:30開演(11:30開場)
8月7日(日) 12:30開演(11:30開場)
会場=東京国際フォーラム ホールA


〈大阪〉
■『E.T.』inコンサート

8月12日(金) 14:30開演

■『インディ・ジョーンズ』inコンサート
8月12日(金) 19:00開演
会場=フェスティバルホール

出演=指揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)/大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪公演)
チケット料金=S席9,800円 A席=7,800円 B席=4,800円(税込)※B席は一般発売日より販売開始
S席セット券18,000円(税込)
注意事項=※3歳以下入場不可 ※英語上映・日本語字幕あり

公式HP: http://jw2016.jp (PC・スマートフォン共通)

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社キョードーメディアス
  4. >
  5. 2016年夏、「インディ・ジョーンズ」と「E.T.」がコンサートになって日本初上陸!映画界の巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽を100名のフルオーケストラで生演奏!