eBookJapanが累計販売2000万冊を達成! モバイル向け販売の急拡大と作品ラインアップの充実が牽引

main image
国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、略称eBookJapan)は、2012年11月1日に累計販売2000万冊を達成しました。

2000年の創業以来、読者のみなさまに支えられて事業を拡大して参りました。累計販売1000万冊までは、サービス開始からおよそ10年(2011年1月達成)かかりましたが、累計2000万冊達成までは、わずか2年足らずで達成しました。

この短期間に累計販売2000万冊を達成した要因は、①スマートフォン、タブレットのモバイル向け販売が急拡大したこと ②出版社からの提供作品が増加(紙書籍と同時期発売の作品も増加)し、作品ラインアップの魅力が高まってきたことがあげられます。

今後は、①スマートフォン、タブレットの高性能化を伴う普及によってモバイル向け販売の成長が加速されること ②作品ラインナップは、集英社のマンガ作品、及び各出版社のテキストデータ系の小説等を増やすことで「業界トップの作品ラインナップ数」を目指し、読者のみなさまに満足していただけるサービスをより充実して参ります。

【販売ランキング上位の作品】
2012年度(2012年2月~2012年11月1日現在の実績)            
○男性向け漫画
『宇宙兄弟』
『テルマエ・ロマエ』
『闇金ウシジマくん』
『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』
『ゴルゴ13』
『沈黙の艦隊』
『はじめの一歩』
『静かなるドン』
『名探偵コナン』

○女性向け漫画
『ガラスの仮面』
『ちはやふる』
『天は赤い河のほとり』
『禁断Lovers』
『今日、恋をはじめます』
『好きっていいなよ。』
『ホタルノヒカリ』
『b-boyキューブ』
『フルーツバスケット』
『となりの怪物くん』

○総合図書(小説・図鑑、写真集)
『逆説の日本史』(著者:井沢元彦)
『鬼平犯科帳』(著者:池波正太郎)
『御宿かわせみ』(著者:平岩弓枝)
『世界大博物図鑑』(著者:荒俣宏)
『新・平家物語』(著者:吉川英治)
『のぼうの城』(著者:和田竜)
『横山秀夫傑作短篇シリーズ』(著者:横山秀夫)
『青春の門』(著者:五木寛之)
『追憶の楽園』(著者:郷田深司)
『徳川家康』(著者:山岡荘八)


【紙書籍と同時にリリースした主な作品】
2012年度(2012年2月~2012年11月1日現在の実績)
○男性向け漫画
『宇宙兄弟』
『金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ』
『そーなんだ!歴史編』
『GIANT KILLING』
『グラゼニ』
『AKB49~恋愛禁止条例~』
『少女ファイト』
『新世紀エヴァンゲリオン』

○女性向け漫画
『好きっていいなよ。』
『L・DK』
『溺れるナイフ』
『乙女男子と奪われたい男』

 ※長編漫画の場合、紙書籍と同時期にリリースしたのは最新刊等、一部の巻に限る場合もあります。


■eBookJapanの主な特長
<世界最大級の電子マンガ保有数>
マンガを中心に約65,000冊(内マンガ 56,000冊、マンガ以外 9,000冊)の電子書籍を高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad mini/iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※)に対応し、オフラインでも楽しめます。※Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応)

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、購入された電子書籍を保管するために自由に使用できるWeb上のお客様の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
「Save trees!」を合い言葉に地球環境保護の理念を掲げて2000年に創業した電子書籍業界の老舗です。電子書籍販売サイトeBookJapanを運営しています。2011年には東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。(コード: 3658)

電子書籍販売サイト: eBookJapan (http://www.ebookjapan.jp/ebj/)
コーポレートサイト: http://corp.ebookjapan.jp/

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンの歴史
1998年4月  創業者鈴木雄介が、(株)小学館勤務時代、電子書籍コンソーシアムを結成し、
      衛星配信による電子書籍の「ブックオンデマンド」の実験を実施(2000年3月実験終了)。
2000年5月  鈴木が、㈱小学館を退社し、株式会社イーブックイニシアティブジャパンを創業。
2001年10月 手塚プロダクションとの契約締結。
2003年10月 鈴木が、発起人代表として電子書籍ビジネスコンソーシアムを設立し、副会長に就任。
      松下電器産業(現パナソニック)の電子書籍専用端末「ΣBook」事業に協力。
2004年1月  鈴木著書『eBook時代はじまる! -「電子の本」が変える読書革命 -』発売
2007年10月 トランクルームサービスを開始。(世界初の電子書籍をインターネットで預かるサービス)
2010年4月  鈴木が取締役会長に、小出斉が代表取締役社長に就任。
2011年10月 東証マザーズ上場

■代表者プロフィール
代表取締役社長 小出 斉(こいで ひとし)

1993年 東大経卒。三菱重工業、A.T.カーニー、ボストンコンサルティンググループなどを経て、2009年イーブックイニシアティブジャパン副社長。
10年から代表取締役社長(現職)。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン
  4. >
  5. eBookJapanが累計販売2000万冊を達成! モバイル向け販売の急拡大と作品ラインアップの充実が牽引