イヌ・ネコの健康医療相談、症状辞典の機能を追加

ペット情報の無料webメディア「sippo」

朝日新聞社(代表取締役社長: 渡辺雅隆)が運営するペット情報の無料webメディア「sippo(シッポ、http://sippolife.jp)」は2016年3月、犬や猫の健康に関する相談に獣医師が答えるサービス「イヌ・ネコの健康医療相談」と、飼い主自らが犬や猫の症状から病気やけがについて調べることができるコンテンツ「イヌ・ネコの症状辞典」の機能を追加しました。ご利用は無料ですが、会員登録が必要です。
2015年6月にサイトをオープンしたsippoは現在、月間PV約180万、月間UUは約39万人に達するまで成長。より便利に使っていただくため、「sippo会員」の機能をつけました。会員になるのは簡単で、メールアドレスなどを登録するだけです。

◆専門の獣医師がサイト上でアドバイス
「イヌ・ネコの健康医療相談」は、sippo会員に登録した飼い主さんが、犬や猫の健康に関する相談をサイトに寄せると、獣医師がサイト上でアドバイスしてくれる無料サービスです。飼い主さんは自宅にいながら気軽に相談できます。回答する獣医師は、sippoと提携する動物臨床医学研究所(動物臨床医学会)の会員で、循環器、消化器、腫瘍、歯科など、それぞれ専門分野を持つ現役の動物病院の院長先生たちです。会員の飼い主さんが、別の飼い主さんに対するアドバイスなどをコメントすることもできます。相談・回答のやり取りは、すべての会員に公開しており、相談者以外の飼い主さんにとっても役立つコンテンツです。

イヌ・ネコの健康医療相談の画面


◆相談する前に、辞典で症状について確認

「イヌ・ネコの症状辞典」は、動物臨床医学研究所が編集した『イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科』(パイ インターナショナル発行)から抜粋した犬や猫の症状について解説する記事コンテンツです。愛犬や愛猫の約40の代表的な症状から、どんな病気・けがが考えられるのか、辞書のように調べることができます。

イヌ・ネコの症状辞典の画面


◆動物病院検索は今春拡充予定

「動物病院検索」では、首都圏1都3県の約3400動物病院の基礎情報と、うち約600動物病院の診療費、診療実績など詳細情報を検索できます。今春には関西、中部圏にも範囲を拡大し、掲載数を増やす予定です。これに先だって、首都圏約600動物病院の詳細情報は会員向けとし、ご利用にはsippo会員登録が必要になりました。 

◆既存コンテンツも充実
朝日新聞やアエラなどグループメディアのペット関連記事をはじめ、提携するペット誌、動物愛護団体のペット関連記事も掲載。獣医師や弁護士、犬猫通によるオリジナル連載も多数あります。内容はペットをめぐるニュース、動物愛護、獣医療、しつけ、猫ブーム、犬や猫のフォトギャラリーなどまでさまざま。記事はまとめてアーカイブしてあり、いつでもご確認いただけます。今後さらに充実させていきます。

◆こだわりのペットグッズの紹介も開始
sippo編集部が選りすぐったペット関係のおすすめ商品を紹介する「sippoセレクション お買いもの情報」を昨年12月に始めました。3Dフィギュア、ペットクッション、知育玩具など、ご紹介した商品は朝日新聞社のショッピングサイト「朝日新聞SHOP」でご購入いただけます。

〈お問い合わせ〉
朝日新聞社メディアラボ sippoチーム
sippo-support@asahi.com
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社朝日新聞社
  4. >
  5. イヌ・ネコの健康医療相談、症状辞典の機能を追加