― 全国の20歳以上の既婚男女対象 『住まいと結婚生活に関するアンケート調査』 ―

20代の4割以上が結婚前に同棲!同棲経験者の7割が同棲してよかった。一途な夫に比べ、妻の気持ちは離れていく!?

不動産総合情報サイト「アットホーム」と、結婚情報総合サイト「ぐるなびウエディング」は共同で、
全国の20歳以上の既婚男女1,286名(ぐるなび会員)を対象とした『住まいと結婚生活に関するアンケート調査』
を実施。その結果をまとめましたので、ご案内いたします。
また、この調査結果を基に、住まいと結婚生活に関するコンテンツ『住まいと結婚生活のホンネ』を
3月18日(月)よりオープンいたします。

 

◇住まい編(アットホーム) : http://www.athome.co.jp/special/sumai-kekkon.html
◇結婚生活編(ぐるなびウエディング) : http://wedding.gnavi.co.jp/release/sumai-kekkon/

■ 主な調査結果

結婚前に同棲していた人の比率は年代が低いほど高く、20代では4割以上。
 同棲経験者の7割が同棲してよかった。
妻・夫を最良のパートナーだと思う人は7割以上。年齢が上がっても一途な夫と比べて、
 妻は気持ちが冷めていく傾向。夫婦仲が良い人の2人に1人は、結婚記念日を毎年お祝いしている。
マイホームを購入したい人は、賃貸居住者で約6割。持ち家の人も約3割が買い替え希望。
マイホーム購入の決定権は、夫は「自分」だと思っているが、「夫」だと思っている妻はごくわずか。

■ 調査概要(クローズド調査)

◆対象/全国の20歳以上の既婚男女1,286名 (ぐるなび会員) (男性717名、女性569名)
◆調査方法/インターネットリサーチ
◆調査期間/2012年12月21日(金)~12月23日(日) 


~調査結果~

■結婚前に同棲していた人の比率は年代が低いほど高く、20代では4割以上。
 同棲経験者のうち7割以上は「同棲してよかった」。

Q. 結婚前から同棲をしていましたか?(対象:既婚者1,286名)

Q. 結婚前から同棲をしてよかったと思いますか?(対象:「同棲していた」245名)

 

 

 

 

結婚前から同棲していた人は全体で19.1%でした。なかでも、20代は43.9%にのぼり、10.9%と

最も回答率の低かった60代以上の約4倍という結果になりました。年代が低いほど同棲率が高く、
結婚する前のカップルのライフスタイルが時代とともに変化している様子がうかがえます。
また、同棲していた人の中で、「同棲をしてよかった」と回答した人は71.8%でした。
その理由を聞いてみたところ「相手のことをよく知ることができたから」といった意見が約60%を占めました。
相手の良い面も悪い面も知ることで、「事前に結婚生活を体験できるのでトラブルが少ない」
「相手を理解できているためギャップに驚くことがない」といった結婚後のメリットがあるようです。
その他、「結婚式・結婚生活の準備が楽だった」という効率性や「家賃が安くなった」といった経済面を
意識した意見もありました。「どちらともいえない」と回答した人では「結婚しても新鮮さを感じなかった」
という意見もあり、結婚前の同棲は、自分やパートナーが何を重視するかによって判断した方がよさそうです。


■妻・夫を“最良のパートナー”だと思う人は7割以上。
 夫は一途だが、妻は年齢とともに気持ちが冷める傾向に。

Q. 妻・夫を“最良のパートナー”だと思いますか?(対象:既婚者1,286名)

 

 

 

 

妻・夫を“最良のパートナー”だと思うかどうかを聞いたところ、「そう思う」(36.7%)、
「ややそう思う」(35.6%)で合わせて72.3%でした。男女・年代別にみると、全ての年代で男性が
女性を上回っており、妻のことを“最良のパートナー”だと思っている夫が多いことがわかります。
男女ともに年代が高くなるにつれて“最高のパートナー”だと思う割合は減少していますが、
女性は減少幅が大きく、年齢とともに気持ちが冷めていく傾向があるといえるかもしれません。


■ 住居スタイルと夫婦仲に関連性はない。

Q. 現在の住居のスタイルは?(対象:既婚者1,286名)

 

 

 

持ち家戸建てだから仲が良い、賃貸マンションだから仲が良いといったように、住居スタイルと
夫婦仲に関連性はあるのでしょうか?現在の住居スタイルについて聞きました。
その結果、パートナーへの気持ちとは関係なく、「持ち家戸建て」に住んでいる人の割合が50%以上でした。
どうやら住居スタイルと夫婦仲には特に関連性はないようです。


■夫婦仲が良い人の2人に1人は、結婚記念日を毎年お祝いしている。

Q. 結婚記念日はお祝いしていますか?(対象:既婚者1,286名)

 

 

 

 

では、結婚記念日を祝うかどうかと夫婦仲に関連性はあるのか?結婚記念日のお祝い頻度について聞きました。
その結果、最良のパートナーだと「思う」「やや思う」では、「毎年している」が46.9%でした。
最良のパートナーだと「あまり思わない」「思わない」では、「昔はしていたが今はしていない」が43.6%でした。
夫婦仲が良いほど結婚記念日をしっかりとお祝いしており、夫婦仲が悪いほど継続してお祝いをしていない^
ことがわかりました。最良のパートナーだと「あまり思わない」「思わない」方は、
毎年お祝いすることで夫婦仲にも変化があるかもしれません。


■ マイホームを購入したいと思っている人は、賃貸居住者の約6割で
  持ち家に住んでいる人でも、買い替え希望は約3割。
  購入の決定権は、夫は「自分」と考える人が多いが、夫だと考えている妻はごくわずか。

 

Q. マイホームを購入したいと思いますか?(対象:既婚の賃貸居住者352名、持ち家居住者972名)

 

 

 

マイホームを購入したいと思うかを聞いたところ、現在賃貸物件に住んでいる人は「購入したい」(26.2%)、
「できれば購入したい」(33.4%)合わせて59.6%となり、購入意欲が高いようです。また、現在持ち家に
住んでいる人でも、「買い替えたい」(8.7%)、「できれば買い替えたい」(22.2%)合わせて30.9%となっており、
マイホームの買い替え希望が少なくないことがわかりました。


Q. マイホーム購入の決定権は?(対象:「購入したい」「できれば購入したい」488名)

 

 

 

マイホーム購入について、夫婦それぞれに決定権はどちらにあると考えているのか聞いてみました。男性は、
「自分」(21.3%)「どちらかといえば自分」(39.5%)合わせて60.8%と、多くの方が自分に決定権があると
考えていました。一方、女性は「自分」と考えている人は10%に満たないものの、
「どちらかといえば自分」(32.3%)と考えている人が最も多い結果となりました。
また、「配偶者」だと考えている人は3.4%とごくわずかでした。夫は、主導権は自分にあると思っているようですが、
財布の紐をにぎっているのは妻ということでしょうか。

アットホーム サイト概要

■サイト名:アットホーム  http://www.athome.co.jp/
■運営会社:アットホーム株式会社
■サイト内容:借りたい人や買いたい人をサポートする不動産総合情報サイト。全国約5万店の
加盟不動産会社を結ぶ「アットホーム不動産情報ネットワーク」から集められた150万件以上の物件情報、
不動産会社情報のほか、住まいのトレンドや契約・引越しに関するノウハウなど、住まい・不動産探しに役立つさまざまな情報を提供。


ぐるなびウエディング サイト概要

■サイト名:ぐるなびウエディング  http://wedding.gnavi.co.jp/
■運営会社:株式会社ぐるなび
■サイト内容:結納・顔合わせから結婚式、二次会、さらにはブライダルデー(結婚記念日)までトータルに
サポートする情報検索サイト。掲載会場数No.1のレストランウエディングのほか、結婚式・結婚準備のQ&A、
ぐるなび限定のお得なフェア・試食会、プランナーへの無料相談など、結婚を控えたカップルのニーズに応える様々なサービスを提供。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ぐるなび
  4. >
  5. ― 全国の20歳以上の既婚男女対象 『住まいと結婚生活に関するアンケート調査』 ―