わかさ生活の産学共同研究で明らかに!北欧産ブルーベリーの光ストレスによる目のダメージ軽減効果!

〜わかさ生活と慶應義塾大学との産学共同研究を学会発表〜

株式会社わかさ生活は、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の機能性について研究を続け、この度、慶應義塾大学との産学協同研究『和題:光誘発網膜障害におけるビルベリーエキスの網膜保護効果について』を、2015年2月17日に開催された“Asia-ARVO 2015(横浜市)”にてポスター発表いたしました。

北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」

株式会社わかさ生活(本社:京都市、代表取締役:角谷建耀知)は、目をはじめとする健康の悩みをお持ちの方々に、もっと素材が持つ機能や成分の新たな情報をお役立てていただきたいとの想いから、ブルーベリーサプリメントの主成分である北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」の機能性について研究を続けてまいりました。


この度、わかさ生活と慶應義塾大学医学部 眼科学教室 坪田 一男(つぼた かずお)教授のもとで、小澤 洋子(おざわ ようこ)専任講師(所在地:東京都新宿区)との共同研究『和題:光誘発網膜障害におけるビルベリーエキスの網膜保護効果について』を、2015年2月17日に開催された“Asia-ARVO 2015(横浜市)”にてポスター発表いたしました。
この研究成果をより多くの方の健康にお役立ていただけるように、今後もさらなる品質追求・研究開発に繋げ、安心かつ安全で高品質な商品をお届けしていきます。

【研究背景】
日本人の失明原因の第3位に位置する「網膜色素変性症」は、国内では人口10万人に対し18.7人の患者がいると推定されています(日本眼科学会HP「網膜色素変性症」より)。原因の多くは遺伝子の異常であると考えられていますが、未だその治療法や進行の予防法は確立されていない難病の1つです。
一方で、私たちの身近にある光(紫外線やブルーライト)が目に及ぼすストレスは、網膜の細胞にダメージを与え、その結果として網膜色素変性症の発症や進行を早めてしまいます。本研究は、ブルーベリーサプリメントで知られるビルベリーエキスの摂取が、網膜色素変性症の予防に役立つ可能性を調べました。
※研究方法と結果については下記URLを参照。
http://kenkyu.wakasa.jp/information/detail.php?id=1867

【研究実績(結論)】
本研究から、網膜色素変性症の動物実験モデルとして知られる、過剰な光刺激によるマウス網膜のダメージに対し、ビルベリーエキスの摂取がダメージを軽減すること、その結果、視機能の維持に役立つことが新たに明らかになりました。
今回行った研究活動が50年、100年先まで人々の目の健康に役立ってくれることを願っております。

<わかさ生活の研究に関するサイト>
◆わかさ生活研究所
当社の過去の研究成果をまとめて掲載しております。
http://kenkyu.wakasa.jp/

◆わかさ生活研究所「ひとみ研究室」
目の健康や疾患に関する情報をお届けしています。
http://eye.wakasa.jp/

◆わかさの秘密 ビルベリー
ビルベリーの成分情報をわかりやすく詳細に参照いただけます。
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/bilberry/

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 わかさ生活
  4. >
  5. わかさ生活の産学共同研究で明らかに!北欧産ブルーベリーの光ストレスによる目のダメージ軽減効果!