【参加者募集】「飢餓をゼロに~連携のチカラと、次世代への期待~」(於・上智大学)

12月、当機関のナンバー2にあたるエリザベス・ラスムーソン事務局次長が来日します。これを機に、上智大学にて公開セミナー「飢餓をゼロに~連携のチカラと、次世代への期待~」を共催し、民間企業との連携や国際協力の新しい展開などについて語ります。
 


貧困や飢餓など、グローバルな課題の解決には、国連WFPなどの国際機関、そして政府の力だけではもはや解決が難しい時代。特に、民間企業等と連携し、様々な専門性やノウハウを活かしていくことがよりいっそう求められます。

今回のセミナーの第一部では、国連WFPとグローバル企業、日系企業を含む民間セクターとの連携の重要性について、ラスムーソン事務局次長が具体的な連携事例をご紹介。第二部では、途上国の現場で支援活動を率いてきた国連WFPの幹部や、国際協力人材の育成に力を注ぐ上智大学教授陣が加わり、「国際協力の新しい展開と次世代への期待」について語ります。
 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 国連WFP
  4. >
  5. 【参加者募集】「飢餓をゼロに~連携のチカラと、次世代への期待~」(於・上智大学)