エフセキュア、「クライアントセキュリティ」とFFRIのFFR yaraiの共存動作検証を完了

エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア)は、株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 鵜飼裕司、以下 FFRI)と共同で検証作業を実施し、法人向けセキュリティソリューション「エフセキュア クライアント セキュリティ」および「エフセキュアWindowsサーバ セキュリティ」が、FFRIの標的型攻撃対策ソリューション「FFR yarai」と共存動作が可能であることを確認いたしました。
昨今、特定の組織や企業にターゲットを当てた標的型攻撃が激化しており、組織の規模の大小に関わらず、その対策が急務となっています。

このたびの共存動作検証により、エフセキュアのクライアント向けおよびWindowsサーバ向けのセキュリティ・ソリューション「エフセキュア クライアント セキュリティ」と「エフセキュアWindowsサーバ セキュリティ」が、FFRIの標的型攻撃対策ソリューション「FFR yarai」と組み合わせて利用いただけることが確認されました。標的型攻撃で悪用される未知のウイルスや、ゼロデイ攻撃に対して、異なる検査ロジックを持つエフセキュアの「ディープガード」と「FFR yarai」のエンジンで多層的な防御が可能になり、標的型攻撃に対する対策能力が大きく上昇します。

「エフセキュア クライアント セキュリティ」と「エフセキュアWindowsサーバ セキュリティ」は、第三者評価機関の「AV Test Best Protection Award」を3年連続受賞した高い検知率を誇るウイルス対策ソフトウェアです。これらはPCやサーバのリソースを最小限に抑えて、未知のウイルス対策を行うことを可能にします。またエフセキュア独自のソフトウェア・アップデートの機能を利用することで、OSおよびアプリケーションのセキュリティ・パッチを常に最新に保ち、より強固なセキュリティを維持することができます。

なおエフセキュアは、8月1日(金) 14:00に予定されているFFRI主催のセミナー「レガシーOSを狙った標的型攻撃は多層防御で守る」に共催し、仮想環境でのセキュリティ対策の課題とそのソリューションを紹介をいたします。

セミナー詳細:
http://www.ffri.jp/seminar_all/houseSeminar_20140801.htm

*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エフセキュア
  4. >
  5. エフセキュア、「クライアントセキュリティ」とFFRIのFFR yaraiの共存動作検証を完了