2015年 新成人に関する調査 ~就職や年金など将来に不安を抱くも、7割が“自分たちが日本を変えたい”~

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西克己、以下「マクロミル」)は、今年(2015年)、成人式を迎える全国の新成人を対象に、「2015年 新成人に関する調査」を実施しました。この調査は、2008年から毎年行っており、今回で8回目になります。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2014年12月9日(火)〜10日(水)。有効回答数は500名。
 


<トピックス>
  • ■ “日本の未来”は「明るい」と思う34%、昨年よりも10ポイントダウン
  • ■ “自分の未来”は「明るい」と思う68%、昨年よりも5ポイントアップ
  • ■ これからの日本の政治に「期待できない」81%
  • ■ 7割が、自分たちの世代が“日本を変えてゆきたい”
  • ■ 「国民年金は、将来、自分がもらえるか不安」91%
  • ■ パソコンの所有率、昨年の新成人よりも大幅減 スマホはiPhoneが43%で9ポイントの大幅増
  • ■ 2015年新成人のSNS利用率96%、昨年に比べ 5ポイント増 「LINE」は93%、「Twitter」は74%が利用
  • ■ 今後の活躍に期待する新成人ランキング 1位「羽生結弦」、2位「大谷翔平」、3位「佳子さま」、1~2位をアスリートが独占


<調査結果>

■ “日本の未来”は「明るい」と思う34%、昨年よりも10ポイントダウン


「日本の未来」についてどう考えているか尋ねたところ、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」と回答した人は34%でした。2014年の調査と比較すると、10ポイントダウンしています。
“日本の未来は明るい”と思う理由を尋ねると、「東京オリンピックが開催されるから」「景気が良くなっているから」「日本には技術力があるから」などのコメントが多く見受けられ、一方“日本の未来は暗い”と思う理由では、「少子高齢化が進んでいるから」「政治が良くないから」「国の借金が膨らんでいるから」などが主な理由としてあげられました。





■ “自分の未来”は「明るい」と思う68%、昨年よりも5ポイントアップ

「自分の未来」についてどう考えているか尋ねたところ、「明るいと思う(明るいと思う+どちらかといえば、明るいと思う)」と回答した人は68%でした。2014年の調査と比較すると、5ポイント上昇しています。
“自分の未来は明るい”と思う理由を尋ねると、「目標に向かってがんばっているから」「資格を取得するから」などのコメントが多く見受けられ、一方“自分の未来は暗い”と思う理由では、「就職できるか心配だから」「景気が良くないから」「先が見えないから」などが主な理由としてあげられました。




■ これからの日本の政治に「期待できない」81%

これからの日本の政治にどの程度期待できるか尋ねたところ、「期待できる(期待できる+どちらかといえば、期待できる)」と回答した人は19%にとどまりました。一方、「期待できない(期待できない+どちらかといえば、期待できない)」と回答した人は81%にのぼっています。
期待できる理由には、「安倍政権が期待できる」「安倍政権に期待したい」といった意見が、また、期待できない理由には、「政治家は自分自身のことしか考えていない」「世襲議員が多い」「国民の意見が反映されていない」「首相が変わりすぎる」といった意見が目立ちました。




■ 7割が、自分たちの世代が“日本を変えてゆきたい”

自分たちの世代が日本を変えてゆきたいと思うか尋ねたところ、「そう思う(そう思う+ややそう思う)」と回答した人は 68%となりました。
日本をどのように変えてゆきたいかを具体的に尋ねると、「少子高齢化社会をなんとかしたい」という意見が非常に多く、また「暮らしやすい国にしたい」「活気のある国にしたい」といった意見も寄せられました。





■ 「国民年金は、将来、自分がもらえるか不安」91%

国民年金制度について尋ねました。「あてはまる(あてはまる+ややあてはまる)」と回答した人が特に多かった項目は、「将来、自分がもらえるか不安」91%、「国民年金は、必要な制度だと思う」82%でした。一方、「国民年金は、持続可能な制度だと思う」は 37%に留まっています。国民年金制度は必要な制度だとは思うものの、持続可能な制度ではないと考えており、将来自分がもらえるか不安を抱えているようです。





■ パソコンの所有率、昨年の新成人よりも大幅減 スマホはiPhoneが43%で9ポイントの大幅増

自身で所有して利用しているデジタル機器について、昨年の新成人の所有率と比較しました。「ノートパソコン」は72%で5ポイント減少、「デスクトップパソコンは18%で6ポイント減少しました。一方で、「スマートフォン」は、“ Android”が48%で3ポイント増、“iPhone”は43%で9ポイントの大幅増となりました。「携帯電話・PHS」に関しては 9ポイントも減少しています。





■ 2015年新成人のSNS利用率96%、昨年に比べ 5ポイント増 「LINE」は93%、「Twitter」は74%が利用

現在利用している SNS は、「LINE」が93%で最も高く、次いで「Twitter」74%、「Facebook」44%となって おり、SNS 全体の利用率は 96%となっています。2014 年の調査と比較すると、「LINE」は 11ポイント、「Twitter」は 7ポイントの上昇、SNS 全体の利用率 も 5ポイントの上昇となっています。





■ 今後の活躍に期待する新成人ランキング 1位「羽生結弦」、2位「大谷翔平」、3位「佳子さま」、1~2位をアスリートが独占

2015年1月に成人式を迎える新成人に、今後の活躍を期待・応援している新成人について尋ねたところ、「羽生結弦(フィギュアスケート選手)」が42%でダントツ、次いで「大谷翔平(プロ野球選手)」が27%、「佳子さま(佳子内親王)」が25%でした。トップ10以内にはその他にも、「村上佳菜子(フィギュアスケート選手)」、「藤浪晋太郎(プロ野球選手)」、「萩野公介(水泳選手)」などのアスリートが多数ランクインしました。


<調査概要>

調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 全国、2015年成人式の参加対象となる平成6~7年生まれの男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 : 男性250サンプル、女性250サンプル(合計500サンプル)
調査日時 : 2014年12月9日(火)~12月10日(火)
調査機関 : 株式会社マクロミル

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

上記の詳細レポート・その他の調査結果は、下記よりPDFでご確認いただけます。

http://www.macromill.com/r_data/20150108shinseijin/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マクロミル
  4. >
  5. 2015年 新成人に関する調査 ~就職や年金など将来に不安を抱くも、7割が“自分たちが日本を変えたい”~